2019/09/19

関空DHLに引き取り

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

中国からの荷物が通関で手間取り、関空に引き取りに来ました。

 

 

 

 

久しぶりなのですっかり忘れてしまっていて、聞きながら

なんとかたどり着きました。

 

ずっと仕事もプライベートも新しい未知の世界に挑戦中。

 

 

 

アリス初となるBtoCもクラウドファンディングや販売

方法を調査中。

 

布の縫製や紙などの加工も模索中。

 

休日は御朱印集めに熱中。

 

知らない場所に行きまくっています。

 

 

 

最近は京都の綾部や滋賀の近江八幡に行きました。

 

プライベートで行くといろいろなことに気づきます。

 

綾部や近江八幡で住むのも良さそうです。

 

 

 

 

全力で行動するので帰宅するとバタンキュー。

 

緊張することも多いですが、もったいないので毎日、

未知の世界に挑戦していきます。

 

2019/09/18

世界スタンダードの英語を学びます

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

私は仕事では社交的で話し好き。

 

勇気もあって大胆に行動できます。

 

ですが、本当の性格はシャイです。

 

自分から話しかけるのも苦手。

 

気性は激しいですが、大人しく話さない時間も大好きです。

 

 

 

引きこもりもできます。(笑)

 

それが癖になるので、休日も仕事のように活動しています。

 

仕事がらみの人と夜に食事すると大人しく黙っているのでびっくりされます。

 

交流会なんて参加すると誰とも話さず帰ってくる事も多々あります。

 

自分からは話しかけないので仕方ありません。

 

 

 

仕事では無理しているのか?

 

それとも大人しさと激しさの両方とも本来の自分なのか?

 

よくわかりませんが、両立しているのでコントロールが難しい。

 

次の挑戦は英語。

 

10回の英語セミナーに参加します。

 

2019/09/18

有料職業紹介ブランド「ANSWER×ANSWER」☆介護や医療に特化した監理組合

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

介護や医療に特化した監理団体を設立しました。

 

難易度の高い介護や医療は特化しないと対応できません。

 

介護や医療に携わって来たスタッフたちに応援をもらい

ながら対応していきます。

 

 

私たちは関西支部として活動していきます。

 

実際に従事したことはありませんが、医療関係や介護関係の

施設とはお付き合いがあります。

 

 

 

対応国は今のところベトナム・ミャンマー・カンボジア・インドネシア

となります。

 

広島本部や関東支部は実績も豊富です。

 

 

 

人手不足が深刻で、働き方改革で回らなくなるとたくさんの

施設から聞いています。

 

技能実習だけでなく、特定技能も許可申請中です。

 

いつまでも外国の人たちに助けてはもらえません。

 

今から10年間をしのぐという考え方で日本人の雇用もして

いけるように考えていかなければいけません。

 

 

 

 

本国内で無期限で働き続けられる在留資格を持つ優秀なエンジニアたち。

 

長期雇用を実現します。

 

エンジニアや技能実習生はアンサーアンサーが手配致します。

 

お気軽にお声かけ下さい。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

有料職業紹介ブランド「ANSWER×ANSWER」

許可番号:27-ユ-302440

TEL:06-6147-6088

E-mail: info@o-biz.jp

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/09/17

真空注型で現物から取っ手を製作

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

農業関係のある工具の取っ手。

 

とてもよく出来た握りやすい取っ手です。

 

その素晴らしい取っ手が付いた工具はとっくの昔に生産中止になっていて

製作してくれる会社が北海道ではない。

 

そこでアリスが製作致しました。

 

 

 

 

まずは現物と勘合確認用の折れた鋸の刃を送っていただき、

その取っ手を分析。

 

何十年も使い込まれていて予想以上にボロボロでした。

 

3Dスキャンしてもデータの修正に手間がかかる。

 

それに繊細で美しい形なのでスキャンも時間がかかる。

 

握り具合もしっとりなめらか。

 

元々一体なのですが、切削加工では再現できない細い切込みが

あり、分割となってしまう。

 

様々な問題があり、リバースエンジニアリングで現物からデータを

作製して切削加工しても、ご希望の心地よい握り具合は再現できません。

 

 

 

 

 

そこで現物をマスターに真空注型で製作することにしました。

 

一体で製作できます。

 

それにしっとり感も2種類の材料を混合することで近い感じを

再現できる。

 

取っ手を磨き、傷などもパテやいろいろな方法で消して奇麗に

してから真空注型で転写しました。

 

 

 

髪の毛も再現するレベルなので奇麗に狙った通りにいきました。

 

 

 

 

 

真空注型では自動車の外装や内装、バンパーやヘッドライト、テールランプ

や部品関係など、たくさんの試作品や部品を製作しています。

 

そういった真空注型でモノづくりしたい場合はお気軽にお声かけ下さい。

2019/09/17

中国のパートナー

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

アリスの外注先様が中国から展示会で来日中。

 

仕事の進捗確認や新たな仕事の詳細を打ち合わせしました。

 

 

 

職人上がりの社長や副社長は実直です。

 

品質も高く、パートナーとして安心です。

 

お互いにウィンウィンの関係を強化していきます。

2019/09/16

不安を創り出して大きくしないこと

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスでも、未来を創るということに不安や怖さを

感じて動けなくなりそうになることがあります。

 

その恐怖に取り付かれると、リスクばかりを想像してしまい

不安が大きくなってしまいます。

 

ですが、未来はまだ未定。

 

これから、何を考えて行動していくのかで決まっていくのです。

 

そんなことで頭を使うのであれば、理想の未来を具体的に

していくこと。

 

理想の未来を計画化して実現することに夢中になってパワーを

注ぐこと。

 

不安を創り出すのは暇だから。 

 

そんな時間を創ることができないぐらいいろいろなことをしちゃう。

 

アリスの仕事ならば開発試作での加工技術力アップやノウハウ構築。

 

そのために日々、開発ものづくりや研究開発に熱中することで未来を

創造しています。

2019/09/16

リフレクター加工サンプルの可視光線透過率

 

 

開発試作アリスは、科学的なものづくりを行っています。

 

ポリカーボネート(PC)t20mmの透明板を切削して

リフレクター形状に加工して仕上げたサンプルです。

 

機械加工後に、磨き⇒研磨⇒透明化処理しています。

 

可視光線透過率を測定した結果です。

 

加工前の透明板(Before) =86.4%

 

加工後のリフレクター・サンプル(After)=86.8%

 

素材に対しての可視光線透過率が100.5%とわずか

ながら素材を超えています。

 

t20mmから製作したリフレクター加工サンプルは、素材の

透明度はよりも高くなるというデータとなりました。

 

※カタチやサイズ、その他条件によって、可視光線透過率は

変化します。

 

ポリカーボネートで製作するリフレクター試作モデルは、ぜひ

アリスの技術力にお任せ下さい。

2019/09/15

クリエイティブな開発試作のものづくり

 

 

 

開発試作はクリエイティブなものづくりです。

 

最先端のものづくりである開発試作でお客さまのニーズを

感じる共感力を磨き、積極的で果敢に新加工技術に挑戦。

 

未来の豊かな、あたらしいものづくりの文化に貢献したいと

思います。

 

アリスのフロンティア・マインドとロジカルなものづくりで

これからの未来を創る開発試作の挑み続けていきます。

 

今後も開発試作アリスをよろしくお願いします。

2019/09/15

What to do ? Arice = Alice.

 

 

開発試作のアリスは、「我思う、故に我あり」を常に「問」いかけ、

その時、その時の「解」を考え抜き、実現していきます。

 

世の中で絶対に存在することがはっきりしているのは、「時間」

だを教わりましたが、時間も遅くなったり早くなったり・・・

 

ブランクスケール以下の大きさなら、同時にいろいろな場所に

偏在できるとか??? 

 

時間すら絶対ではないのかもしれません。

 

デカルトは、私が思うから、今このことを考えている

「私」は絶対に存在している。

 

そうであれば、法人であるアリスも同じだと思います。

 

アリスが思うから、アリスがを存在している。

だったら、アリスは思い通りになる。

 

アリスは、スタッフたちと力を合わせて、開発ものづくりの

最高峰を目指していきます。

2019/09/14

レンズカット加工サンプルの可視光線透過率

 

 

開発試作アリスは、科学的なものづくりを行っています。

 

ポリカーボネート(PC)t10mmの透明板を切削。

 

レンズカット形状に加工して、透明化処理したサンプルです。

 

レンズカット加工部を機械加工して、透明化処理で仕上げました。

 

フラット面や端面は、磨き⇒研磨⇒透明化処理しています。

 

可視光線透過率を測定した結果です。

 

加工前の透明板(Before) =88.9%

 

加工後のレンズカットサンプル(After)=91.1%

 

素材に対しての可視光線透過率が101.9%と素材を超えています。

 

厚みの影響かな? 

 

t10mmから製作したフラットを基調としたレンズカット加工サンプルは、

素材の透明度はよりも高くなるというデータとなりました。

 

※カタチやサイズ、その他条件によって、可視光線透過率は 変化します。

 

ポリカーボネートで製作するレンズカット試作モデルは、ぜひアリスの技術力に

お任せ下さい。

新着情報