2019/10/25

【I】記憶力はメモで補い発想力を高める

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作ARICEの「I」は、「idea」 発想や発想力を意味しています。

 

記憶量が多くなればなるほど、実体験から意味を見い出していく力に弱く

なると聞きました。

 

記憶量と発想力は相反します。

 

記憶力に意識が行き過ぎると、発想力が疎かになるんですね。

 

開発試作アリスも、創造力や思考力、発想力やアイデア力で勝負!!

 

仕事は実体験からの発想力や、課題解決していくための思考力が

大切なんだと思います。

2019/10/24

PMP(ポリメチルペンテン)切削加工サンプル

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

PMP(ポリメチルペンテン)を切削加工して、ある部品の

プロトタイプを製作しました。

 

PMPは軽くて融点が235℃と非常に高い透明素材。

 

軽量、耐熱、電気絶縁などの特性があります。

 

医療や理化学系、食品調理用、化粧品の容器などに使用される素材です。

2019/10/24

【R】 論理的思考でものづくり

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作ARICEの「R」は、「research」 調査・研究を意味しています。

 

それはものづくりは、論理的思考で行うものだと考えているからです。

 

実験して調査を繰り返す研究で進化していくもの。

 

科学であり、数学であり、物理学だと思います。

 

ものづくりの原理原則は論理的思考で創ることが有効だと考えています。

 

それ以上のところが、感性や肌感覚といった割り切れないファジーな部分。

 

肌感覚を重視していると品質にばらつきがでやすくなります。

 

検証データに基づくクールなロジックを構築していくことがものづくりで

あり、基礎造りなんだと思います。

2019/10/23

外国人採用サポートセンター☆技能実習生を雇用するから頑張る!!

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

ベトナム人の技能実習生を雇用いただく企業様を訪問。

 

進捗状況を報告させていただきました。

 

 

 

 

溶接作業を行う製造業での技能実習生2名を受け入れして

いただきます。

 

外国人技能実習機構での手続き中。

 

申請が許可され次第入管の手続き。

 

次はベトナムでの出国手続き。

 

約2ヶ月後に入国してくる感じです。

 

 

 

 

日本に入国後は1ヶ月間の研修をしてから企業に配属です。

 

3月ぐらいになるでしょうか。

 

どんどん不況になっている中でおっしゃられた一言。

 

「ベトナムの若い子を3年間実習させるのだから頑張らないと!!」

 

経営者御夫婦で励みにしているとの事でした。

 

 

 

 

別のお会社様でもベトナム技能実習生の受入を励みにされて

頑張っていらっしゃいます。

 

そちらは年明けに入国。

 

2月初めに2名の配属です。

 

人員増加に伴う売り上げアップでご発展いただきたいと思います。

 

 

 

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/10/23

【A】アクティブな心がすべてを変える

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作ARICEの「A」は、「active」 自ら進んで働きかけるさま、

積極的なことを意味しています。

 

仕事でも何でも、積極的に自ら進んで働きかけると、少しずつでも上手に

なっていきます。

 

それが得意となって、技術やキャリアとして認められる能力になっていく。

 

好きにもなっていくのだと思います。

 

仕事が好きで、夢中になって没頭していることで稼げるが理想。

 

仕事で心も生活も豊かになっていくこと。

 

それを現実として実現することは、そう難しくないんじゃないかと

最近考えるようになってきました。

 

自分が真剣に取り組むんだから、誇れる仕事であり、最高の会社にする!!

 

その想いで仕事をしてきましたが、これからは全スタッフの共通の想いと

すべく、職場創りをしていき、魅力溢れる会社にしていきたいと思います。

 

これからも、アクティブな心で開発試作に取り組むことで最高のものづくり

をしていくことで役立つ会社であり続けますので、今後ともアリスをご愛顧

の程、よろしくお願い申し上げます。

2019/10/22

外国人採用サポートセンター」☆日本で働きたい理由

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

厚生労働省の調べでは、日本で働きたい理由は、

「日本の給与水準に魅力を感じるから。」が57.1%と第一位。

 

第二位は、「日本の技術に関心があるから。」で39.8%。

 

第三位は、「日本の言語や文化に関心があるから」で23.5%

となっています。

 

 

 

 

給与水準は、他国との相対評価です。

 

韓国やドイツなど日本より高い給与も多いと聞きます。

 

また給与の多さだけをテーマに考えると、入国してから慣れ親しむ

である就労ビザ更新後(1年数ヵ月後)に転職が多いのも納得できます。

 

就労ビザの更新後に転職する場合が多く、2年後以降も要注意です。

 

 

 

 

また日本の技術にも高い関心があるようです。

 

キャリアアップの意向が強い人が多いのも確かです。

 

やはりキャリアプランを作成していくのが良いと思います。

 

5年間ぐらいのキャリアを明確化する事。

 

どういった仕事をしてもらう予定なので、どんな技術を

習得していって欲しいのか?

 

また技術アップに伴っていくら給与が上がっていくのか?

 

明文化することが長期雇用を実現するポイントなんだと思います。

 

 

 

日本で働きたい理由を満たしてあげることが必要ではないかと思います。

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、

ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/10/22

大学の研究装置や特注部品の製作に貢献

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

京都大学様に依頼された実験装置を 納品して来ました。


大学院の医学部様よりのご依頼です。


東京大学や大阪大学、その他国公立の 大学からもたくさんの

ご依頼があります。


大学の研究にも貢献していくことで よりよい未来を創る事に

アリスは役立ちたい と思います。

2019/10/21

TPX(ポリメチルペンテン)PMP_透明樹脂の試作

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

可視化で選ばれることが多いポリメチルペンテン。

 

試作品は数量が少なく、射出成形ではできません。

 

形状が変わる可能性が高く、金型費用も高額です。

 

そこでマシニングセンタや旋盤で切削加工するのですが、

削るとかすれた傷が残り、可視化できなくなります。

 

※画像上の上部面を参照願います。

 

そこで透明化処理を致します。

 

 

 

それを磨くと、なんとか視えるようになります。

 

これ以上は素材の透明度があり、可視化できません。

 

射出成形品よりも少し劣る透明度になります。

 

高温で耐える素材では黄変がなく透明ではあります。

2019/10/21

開発ものづくりに特化した試作のスペシャリスト

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスは、開発ものづくりのあらゆる要望に応えます。

 

プラスチック樹脂加工、アルミ金属加工、ゴムやEVA、板金プレス、

レーザーなど加工方法をチョイスして、ユニットでのものづくりに

対応致します。

 

内製の技術力+豊富なネットワークを活かして、幅広く、また専門

技術を活かしたものづくりをしています。

 

3次元のCAD/CAMを活かしたCNCマシニングセンターでの加工

では、高い技術力で切削加工品を製作します。

 

開発ものづくりは、開発試作のアリスにお任せください。

2019/10/20

元気な挨拶と整理整頓がきちんとできること

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスでは、元気な挨拶と整理整頓できることが

仕事の基本だと考えています。

 

まずが元気な挨拶を行うこと。

 

人間は人の間に生きる限りは最低限のマナー。

 

周りの人と気持ちよく仕事をすることができます。

 

また明るい職場環境になります。

 

 

 

整理整頓は、合理的に仕事を進めていくには必須となる要素。

 

それにロジカルシンキングできる人の周りは常に綺麗です。

 

使って本来あるべきところに戻さない人は、自分さえ良ければ

いいとする迷惑をかける人であることが多いように感じます。

 

明るく元気な挨拶と整理整頓がきちんとできることは基本的な

能力であり、必須能力なんだと思います。

新着情報