2019/09/24

これからのノウハウというもの

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材を切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

これからのノウハウというものは、作業レベルの方法論ではなく

思考力やアイデアによる製作クリエイティブではないかと思います。

 

 

 

 

同じ仕事を同じパターンで製作するのは当たり前。

 

毎回製作方法をクリエイトしてより良くしていく知恵や発想力が

ノウハウとなるように思います。

 

 

 

もう作業レベルのノウハウはウェブで探せば見つかります。

 

いくら作業を極めても、本当にできない熟練工程が必要な仕事は

全体の5%にも満たない。

 

それに30年や50年の熟練でも海外に同じような熟練者がいます。

 

今では職人は海外の方が多いかもしれません。

 

 

 

 

仕事として必要となるレベルの技術は作業マニュアル化されています。

 

 

 

熟練はしていくべきではありますが、絶対的な時間がかかります。

 

それは継続しながら、発想力を鍛えて、1件1件をアイデアで勝負する。

 

そのクリエイティブ力がノウハウだと考えています。

 

 

 

 

メーカーエンジニア様の開発試作はアリスのぜひお声かけ下さい。

2019/09/23

精密部品加工のプロフェッショナルとして

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスは精密部品加工のプロフェッショナルとして、

お約束した精度は確実にクリア致します。

 

 

 

 

特に開発プロセスで創られる試作品サンプルの設計に貢献できるように

射出成形も考慮に入れての試作モデル製作をご提案させていただきます。

 

アリスは精密部品加工のプロフェッショナルとして、これからも機構部品の

開発試作に役立ちます。

 

お気軽にお声かけ下さい。

2019/09/23

アリスの開発ものづくりが進む道

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスは日本にある開発ものづくりの会社です。

 

その事を真剣に考え抜いて、日本にあるアリスが進む道を

決めていく必要があります。

 

 

 

 

アリスの今後に向けた課題は何か?

 

アリスの開発ものづくりは高品質であり、あたらしい価値を実現化

する開発技術力や幅広い生産技術力が強みです

 

今までは国内製作をメインにして来ましたが、お客様の要望により

海外生産を試作も含めて強化していくこと今後の重要課題となりました。

 

内製も含めた日本で行うの開発ものづくりをどう特化させていくか?

 

それも今後の重要な課題となります。

 

 

 

アメリカのカリフォルニアなども重要なマーケットとして

考えていきます。

 

AI&IoTも進んでいく近い未来。

 

お客様がアリスの求める事を的確に把握して事業展開をして

いきたいと思います。

2019/09/22

CFRPの試作から量産まで

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスでは、CFRPの試作から量産までを手掛けています。

 

 

 

 

軽くて丈夫なCFRP。

 

☆CFRP=炭素繊維強化プラスチック。

 

FRPも丈夫で軽いですが、カーボン(炭素)が入ると数段上の

性能を発揮します。

 

FRPの加工は家電製品で行ってきました。

 

CFRPは自動車やバイク、その他部品でも使用されるようになって

きました。

 

 

 

 

特に有名なのが飛行機のボディー。

 

CFRPボディーの飛行機は、軽いので大きく燃費が向上。

 

強度に弾力性もあるので多少のショックでは凹まず戻ります。

 

裁断にコストが掛かり過ぎて、リサイクルができないという

弱点も克服されつつあるとの噂。

 

※実際にリサイクル現場を見てないので確証はありません。

 

 

 

 

表面も光沢を出したり、塗装やシルク印刷ができます。

 

もう金属や樹脂と変わらない仕上ができます。

 

 

 

 

カーボンは東大阪の人が発明したとの事。

 

昔からあるのですが、加工や廃棄が難しく、また用途も限られて

いました。

 

 

 

 

今では複雑なカタチでも加工ができるため、用途も増えてきました。

 

EVでは車体の主役になるのではないかと思います。

 

すべてのサプライア様と機密保持契約を結んで、国内だけでなく

中国でもCFRPの試作や製作を行っています。

 

 

 

 

 

CFRPの試作や量産はお気軽にお声かけ下さい。

2019/09/22

自動車業界/アフターパーツの試作から量産まで

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

デリカやジムニーなど4輪駆動(4WD)で特別に愛されている車たち。

 

そういったカスタムカーやチューニングカーの世界では欠かせない

のがアフターパーツ。

 

アルミホイールの試作や、オーバーフェンダーの試作や量産品の

製作を行っています。

 

 

 

画像は板から製作する真空成型や圧空成形で製作したサンプル。

 

材質は、自動車のアフターパーツによく使用されているABSです。

 

安価でコストパフォーマンスが優れています。

 

ABS(黒)をUVで劣化しにくい表面処理をした素材で、シボが入った

板材を使用して表面の素地を活かしています。

 

 

 

 

 

自動車のアフターパーツは数量が500セットや多くても1,000セット。

 

今は中国で製作している事が多くなっています。

 

 

 

 

 

複雑な形状であれば真空注型という方法で製作します。

 

日本と比較して価格的には半分以下となります。

 

ベトナムでも試作や量産品の製作ができます。

 

 

 

 

自動車やバイクのアフターパーツを試作や製品を製造される場合は

お気軽にお問い合わせ下さい。

2019/09/21

圧倒的にアドバンテージを持つ強みにフォーカス②海外との連携

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカなどのプラスチック

樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

開発試作アリスは、海外の人たちとパートナーとして連携しています。

 

それは有料職業紹介や技能実習生の受入をしているから。

 

そのネットワークを活かして海外でのものづくりにも力を入れています。

 

 

 

 

当然、機密保持契約を締結して責任感ある高品質で安く、問題が

起こった場合も最後まで対応する会社だけを厳選。

 

検査もしっかりしています。

 

基本的には国内で製作していますが、海外での製作を要求される

メーカー様も多くなっています。

 

 

 

 

今は中国やベトナムで製作委託しています。

 

他国でも探すことはできます。

 

中国やベトナムで製作してアメリカに納品といった事も

行っています。

 

英語の図面指示にも対応しています。

 

 

 

 

ワールドワイドな対応力もアリスの強みだと思います。

2019/09/21

有料職業紹介ブランド「ANSWER×ANSWER」☆一人ひとりにフォーカス

 

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

とあるベトナム人を6人雇用している会社様のお話。

 

現在、ベトナム人を6人採用されている。

 

言葉の壁は最初雇用した人がある程度話できるので

仕事には差し支えない。

 

ただレベル差が激しく、できない人は本当にできないので

困っている。

 

 

 

 

そこでのアドバイスとして、ベトナム人たちに期待することや

改善する事を一人ひとりに伝えてはどうか?

 

先輩からの口頭ではなく、ベトナム語に訳した書面で、

現在の評価や求める将来像をしっかり文章で伝える。

 

 

 

 

理由は、ベトナムの人たちは嫌われたくないので、不快に思うことは

言いません。

 

それに全員仲良く見えますが、結構激しい性格で好き嫌いも激しい。

 

その先輩がリーダーとなっているようですが、できない人にちゃんと

指導しているか? わかりません。

 

アリスでも指導しているように見せかけて、実際は何も教えてなかった。

 

それがベトナム語を使っていて、教えられる人に聞いても問題はないと

答えます。

 

ですから気づくのに時間がかかります。

 

 

 

 

ベトナム語に翻訳した書面ならちゃんと一人ひとりに伝えられます。

 

 

 

 

できる限り具体的に文章化する。

 

そして、疑問点や質問、困っている事や悩んでいる事があったら

相談するように書いておく。

 

その人が日本語を使いこなせないのであれば、お願いした受入機関

通訳してもらう。

 

できなければ、翻訳通訳はアリスが行います。

 

 

 

 

日本人でも同じですが、好き嫌いがあります。

 

そこに言語や習慣の違いがありますので、一人ひとりにフォーカス

してあげる事が良いのではないかとアドバイスしました。

 

 

 

 

どこの国の人であっても、人の問題は永遠の課題ですね。

 

 

 

 

本国内で無期限で働き続けられる在留資格を持つ優秀なエンジニアたち。

 

長期雇用を実現します。

 

エンジニアや技能実習生はアンサーアンサーが手配致します。

 

 

2019/09/20

【アリスの切削加工の技術力】 ☆薄肉切削加工

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

開発試作アリスの切削加工技術を紹介致します。】

 

 

 

 

①ポリカーボネート(PC)

②ジュラコン(POM)

③アクリル(PMMA)

④PPS

 

4種類の素材で切削加工の限界を探求するサンプルを製作。

 

☆極薄肉圧パイプ形状(太い)×1

   外形:φ15.1/内径:φ15.0(厚み:0.05)×高さ25

 

☆極薄肉厚パイプ形状(極細)×3

 外形:φ1.1/内径:φ1.0(厚み:0.05)×高さ25

 

硬質プラスチックがゴムみたいになっています。

 

※アクリルの極細パイプ形状は撮影中に

  2つ折れちゃいました。

 

 再製作します。

 

 

 

 

薄肉の切削加工品を試作するときは、ぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/09/20

圧倒的にアドバンテージを持つ強みにフォーカス①透明化技術

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスが圧倒的にアドバンテージを持つ技術。

 

そのひとつひとつにフォーカスしていきたいと思います。

 

まずは透明切削から。

 

 

 

 

ポリカーボネート(PC)の透明を機械加工して創る加工技術から

ご紹介していきたいと思います。

 

透明切削で丁寧に切削加工する職人技を実現した機械加工技術。

 

その透明切削品を磨き、更に研磨によって美しい仕上げる手仕上の技術。

 

更に透明度をランクアップさせるアリスオリジナルの透明化処理技術。

 

そのひとつひとつの技術を積み重ねることで最高品質を実現しています。

 

透明モデルは、透明試作のアリスにお任せ下さい。

2019/09/19

高品質な透明試作部品の製作

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスでは、透明試作品を切削加工や真空注型などで

創る可視化モデルの製作を得意としています。

 

 

 

 

切削加工や光造形(3Dプリンター)で製作したマスターの

表面を奇麗に磨き研磨します。

 

そうして美しく透明化処理で奇麗に仕上ます。

 

 

 

 

 

アリスの透明化処理技術や研磨のノウハウによって、切削加工では

難しいとされた高品質な透明試作部品を完成させます。

 

 

 

 

透明樹脂プラスチックで創る試作モデルや透明治具はぜひアリスにお任せ下さい。

新着情報