2019/10/30

PES(ポリ・エーテル・サルフォン)切削加工サンプル

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

PES(ポリ・エーテル・サルフォン)の切削サンプルを製作。

 

画像中央の琥珀色透明です。

 

PESは透明樹脂の中で最高レベルの耐熱性があります。

 

(熱変形温度=200~220℃、連続使用温度=180~190℃)

 

主な用途としては、リレー、コネクター、ソケット、電子部品、

ICトレー、複写機の部品など。

 

航空機や自動車部品でも着目されている材料です。

2019/10/29

外国人採用サポートセンター」☆外国人材に定着してもらうためには

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

外国人材に定着してもらうために企業で取り組むべきこと。

 

企業も外国人スタッフも大事なことだと考えているのは、

「キャリア・アップ」と「異文化の理解」です。

 

「キャリア・アップ」の明文化は日本人スタッフに対しても

重要なことだと思います。

 

 

 

 

外国人材のためにキャリア・アップを明確化するのではなく、

働いてくれている人たちのために未来を創っていく。

 

そう考えて取り組んでいくべき要素ではないかと思います。

 

 

 

 

5年間でクリアしてもらうべき予定の技術や実績。

 

クリアしていった時の給与や待遇などを明文化しておけば

スタッフ全員が自分が何を取り組めば良いのか判断できます。

 

 

 

 

異文化の理解は、共通の仕事で目標を追いかけていると相互理解が

進んで、異文化も理解できてくるように思います。

 

 

まずは「キャリア・プラン」の明確化。

 

それを実行していきながら異文化の理解を行っていくのが

良いと思います。

 

 

 

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、

ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/10/29

TPX(ポリメチルペンテン)PMP_透明樹脂の受注増加

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

TPX(ポリメチルペンテン)PMP_透明樹脂の受注が急激に増加

しました。

 

医療関係や医療機器関係の筐体や機構部品です。

 

可視化がポイントみたいで、それなりの透明度に仕上げています。

 

機構部品では試作金型での500個/ロットの射出成形試作品を製作。

 

本型では1,000個/ロットから5,000個/ロット、多くて10,000個/ロット

のお仕事を行っています。

 

TPX(ポリメチルペンテン)PMPの部品製作や開発部品の試作はお気軽に

お声かけ下さい。

2019/10/28

PPSやPBTで切削加工モデルや耐熱性部品を創る

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスでは、PBTやPPS、ベークやピーク、エポキシなどで

創る切削加工品を得意としています。

 

もちろん少量多品種の部品や半導体などの生産ライン用の治具、

生産設備の部品なども試作から量産まで対応しています。

 

特に最近増加してきている耐熱性が必要な環境で使われるガラス入り

素材の機械加工や射出成形の実績が豊富です。

 

精密な機械加工技術や部品製作能力。


プラスチック樹脂で創る試作サンプルや治具、部品の製作は、

アリスにお任せ下さい。

 

 

最近はPBT(GF)で製作する仕事が多いです。


オートモーティブや開発モーター、電子機器でのPBT(GF)部品が

増加しているからです。

 

いよいよ本格化してきたEV車の開発ものづくり。


PBTの機械加工やインジェクション成形を行ってきたことが
開発試作アリスの強みとなっています。

 

 

 

 

PPS部品なども実績が豊富です。

 

開発モーターやオートモーティブ、機械や省力化機器などの耐熱性が

必要な部品を製作する場合は、ぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/10/28

アリスがもっとも得意とする切削加工

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスがもっとも得意とする切削加工。

 

CAD/CAMで加工用データをプログラミングして、コンピューター

制御されたマシニングセンタや旋盤といった機械に切削加工させる。

 

プラスチック樹脂やアルミ金属、ゴムなど幅広い素材を機械加工できます。

 

 

 

メリットは、金型を製作する必要がないので、数の少ない試作品や

小ロットの部品加工では早く安く製作できます。

 

また設計変更や改造もすぐにできます。

 

 

 

デメリットは、数量が多くなっても金型のように安価に

ならないところです。

 

 

 

開発試作アリスでは、メリットを考えた加工方法の提案をさせていただきます。

 

試作や治具製作、小ロットの部品加工はアリスにお声かけ下さい。

2019/10/27

【E】仕事人としてエボリューションしていくコツ

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作ARICEの「E」は、「evolution」 進化発展を意味しています。

 

会社は進化発展していくためには、スタッフが進化発展していくこと。

スタッフが仕事のできる人であり続けることが重要なんだと思います。

 

それには、まず「やるべきこと」から必死に仕事をこなしていく。

 

そうしていると少しずつ「できること」が増えていきます。

 

その日々の成長のなかで、「やりたいこと」ができてきます。

 

同時に、「やりたいこと」を実現するためのできる力も、

「やるべきこと」を通じて自然に身についています

 

「やるべきこと」で、「できること」を増やして、

「やりたいこと」を実現する。

 

それが成長発展のプロセスであり、仕事人としての自己表現

することに繋がっていくのだと思っています。

2019/10/27

耐熱性、耐スチーム性、耐薬品性などに強いPPSU

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

PPSU(ポリフェニルサルフォン)は、耐熱性、耐スチーム性、耐薬品性

などバランスに優れたスーパーエンジニアリングプラスチック樹脂です。

 

 

 

 

【主要産業分野】

 

■医療器 ■製造設備 製造機械 ■食品など。

 

 

 

【用途】

 

■トレイ ■内視鏡部品 ■ガラス代替 ■哺乳瓶など。

 

厚労省の各規格に適合。

 

医療用、食品用など高い安全性を求められる分野に適しています。

 

【高温特性】

 

耐熱性に優れ、耐スチーム性のは特に優れています。
 

※荷重たわみ温度207℃

 

【機械強度】

 

耐靭性、耐衝撃性を有する。繰り返し蒸気滅菌後の耐衝撃性に非常に優れます。


耐衝撃性(ノッチ付)69~690J/m

 

【寸法安定性】

 

線膨張係数が低く、吸水性も少ないので寸法安定性に優れています。

 

【耐薬品性】

 

優れた耐薬品性を有します。

 

【透明性】

 

スーパーエンジニアプラスチックの中でも数少ない透明性を有する樹脂素材です。

2019/10/26

PPSU樹脂(ポリフェニルサルフォン)の試作・量産

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

医療機器向けの展示会用に切削加工で製作したPCのシャーレ

みたいなもの。

 

実際にはオートクレーブ (除菌・消毒)で使用できるようですが、

耐熱性や吸水性を物性から考えると厳しい。

 

そこでTPX(PMP)となりそうですが、柔らかくて割れやすい。

 

薄肉では使用が困難なのでPPSUが使用されます。

 

長期耐熱性は180℃。

 

毎回行われるオートクレーブ滅菌の121℃、2気圧、20分処理

には十分耐えられます。

 

それに破断しずらいのが特徴。

 

画像のシャーレもどきがヘシャゲているのは2トンのマイカーで

踏んだからです。

 

割れても切れないのが強みです。

 

PPSUの製品はお気軽にお声かけ下さい。

2019/10/26

【C】おNEWに挑戦することが宿命のアリス

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

開発試作ARICEの「C」は、「challenge」 挑戦することを意味しています。

 

これからの未来を創る開発試作アリスでは、あたらしいものづくりに挑戦する

ことが、毎日の仕事です。

 

基本的にリピートオーダーはありません。

 

同じような形でも進化した形であり、加工方法も違ってきます。

 

量産試作での試作品サンプルを創る場合も、試作金型を改造して

あたらしいものを創ることになります。

 

たまに量産試作用で製作した試作金型で量産部品を成形する場合

ありますが、イレギュラーであり、本当に稀です。

 

切削加工で創る試作モデルは、いつもおNEWが基本です。

 

1個から、多くて100個までぐらいの数量を加工すれば、

こちらもまず基本的にはリピートはありません。

 

常にあたらしいものづくりに、経験と技術&創意工夫でチャレンジ

していき成果を出していくことが、開発試作アリスの宿命です。

2019/10/25

PPSU樹脂(ポリフェニルサルフォン)の特徴

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

PPSUは耐熱性が高く、吸水性が極めて低いのが特徴です。

 

耐衝撃性や耐薬品性、蒸気滅菌への耐久性に優れています。

 

医療分野で使われている素材になります。

新着情報