2020/01/18

ロボット松葉杖をインクジェットプリンタで加飾

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

開発試作アリスが取り組むロボット松葉杖のプロトタイプ。

 

ロボット松葉杖は患者さんには楽しくリハビリできるように、

上手に使えていたら青文字で『OK』と表示。

 

ちゃんとできてなかったら赤文字で『指導』と注意されます。

 

 

 

 

 

コントロール部に一工夫したいと思います。

 

透明ポリカーボネートのフロントパネルに加飾を施こします。

 

 

 

 

世界で初めてインクジェットプリンタによる量産化を実現した

素晴らしい会社さまにお願いします。

 

 

 

 

 

コントロール部のフロントパネルを製作中。

 

どうなるのかお楽しみに。

 

 

 

 

 

医療や介護の現場で食器容器の素材として選ばれている

ポリメチルペンテン。

 

新素材TPX(PMP)切削加工の動画をユーチューブにアップ

しましたので、ぜひご覧下さいませ。

 

http://youtu.be/bAI9qb0JNlU

2020/01/18

開発試作アリスはシリコンゴム試作に強みあり!!

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

シリコンゴムの製作を電気炉や真空乾燥機を使って行っています。

 

 

 

 

 

 

アクリル型を使ってのシリコンゴム部品の製作。

 

試作サンプルだけでなく、小ロット多品種の部品などに最適です。

 

 

 

 

 

シリコンゴムの硬度もご指定いただけます。

 

シボ仕上や光沢、着色で近似色にも製作できます。

 

 

 

 

シリコンゴム試作サンプルやシリコンゴム部品を製作する

場合はお気軽にお声かけ下さい。

 

 

 

アクリルをマシニングセンタで切削加工しているところを

ユーチューブにアップしました。

 

ぜひご覧下さい。

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

2020/01/17

透明アクリル棚の製作

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

スタッフに透明棚を製作してもらいました。

 

透明棚は見やすくて使い勝手が良いので、アクリルやポリカーボネートで

製作していて、社内にたくさんあります。

 

 

 

 

透明アクリルを切削加工している動画です。

 

ぜひご覧ください。

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

 

 

 

 

 

透明棚はパネルソーというカットする機械で切断しています。

 

端面を奇麗に磨いて透明接着します。

 

穴を開けて棚板を移動できるようにもできます。

 

 

 

 

こちらは、耐熱性&耐薬品性に優れた透明素材_ポリメチルペンテン

(PMP)を切削加工している動画です。

 

http://youtu.be/b94In4DyCDM

 

 

 

 

TPXとも呼ばれます。

 

主な用途は、電気・電子部品、 食品包材、食器、化粧品容器、

産業材各種、実験器具などです。

 

 

 

 

アクリルやポリカーボネート、ポリメチルペンテンなどの

透明樹脂加工は、ぜひアリスにお声かけ下さい。

2020/01/17

シャーロックホームズのごとく「謎」を解く

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

開発試作アリスは「謎」に気づき、解き明かしていく能力を

磨ています。

 

 

 

 

日々感じる些細な問題や課題を放置せずに解決していくこと。

 

カイゼン活動は、「謎」解きみたいなもの。

 

開発ものづくりの仕事には、たくさんの「謎」があります。

 

 

 

 

今までたくさんのプロトタイプを創ってきましたが、

ますます「謎」は深まるばかりです。

 

なぜこうなるんだろう? 

 

これが本当に正解なんだろうか? 

 

この方法は使えないんだろうか? 

 

 

 

 

成り行きのように見える事象を理論化していく。

 

工程を研究開発して確実にロジカルに数値化していく。

 

その間にも新しく追求すべき「謎」がどんどん発見されて

いきます。

 

 

 

 

より良い未来を創る開発ものづくりはホント奥が深いです。

 

 

 

 

アクリル(透明)切削加工の動画をユーチューブにアップ

しましたので、ぜひご覧下さいませ。

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

2020/01/17

防災商品の&機構設計から試作品を製作

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

東大阪試作アリスはプロダクトデザイン&機構設計で

アイデアをカタチにしています。

 

 

 

 

 

建設業向けの機構設計のお仕事が大詰めになりました。

 

週末にはお客様と試作モデルで細かな詰めを行っていきます。

 

 

 

 

 

やはりデータだけでは、干渉や使い勝手を確認しても実物を製作

して実際に使ってみないとわかりません。

 

防災商品ですが、実際に使ってもらって問題点を抽出します。

 

 

 

 

試作モデルで問題点を見つけて解決することで
使い勝手のよい魅力的な製品に成長していきます。

 

量産は射出成形となります。

 

 

 

ABSのデモンストレーション加工を撮影しました。

 

パネルの肉盗みを加工しています。

 

金型の抜きテーパーも試作モデルで再現。

 

部分モックを打ち合わせで使用します。

 

http://youtu.be/4Fbmcd5c9bk

 

2020/01/16

耐熱性&耐薬品性に優れた透明素材_PMP⑤食品用途向け規格適合

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

耐熱性&耐薬品性に優れた透明素材_ポリメチルペンテン

(PMP)です。

 

TPXとも呼ばれます。

 

主な用途は、電気・電子部品、 食品包材、食器、化粧品容器、

産業材各種、実験器具などです。

 

食品衛生法、FDA規制、PIM規格に適合した材料で

構成されています。

 

それに軽く、撥水性に優れているので、食品容器の素材

として用途が広がっています。

 

TPX(PMP)の板からシャーレっぽい形のサンプルを

切削加工で製作している動画です。

 

素材は耐熱性の高い透明樹脂ポリメチルペンテン。

 

耐薬品性や耐スチーム性が高く滅菌処理も問題なし。

 

電気特性も優れており軽い。

 

食品用途に向けた各規格をクリア。

 

ぜひ、動画をご覧下さい。

 

http://youtu.be/b94In4DyCDM

2020/01/16

【外国人採用サポートセンター/アンサー×アンサー】☆開発試作アリスは開発ものづくりの会社です!

 
 
 
 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 
 
 
 
 
 
 
開発試作アリスは、試作品、治具、部品などを金属やプラスチック樹脂、
ゴムなどを使って製作しています。
 
開発ものづくりの会社となります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベトナム人エンジニアが現場で活躍しています。

 

彼らが現物であるコップをスキャンして、3Dデータを作成。

 

透明アクリルをCNCマシニングセンタで切削している動画をぜひご覧下さい。

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

 

 

 

製造業、食品、建設など様々な業界で人材に

 

お困りの場合は、ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター/アンサー×アンサー」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

URL:http://ersc.jp/

 

http://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2020/01/16

アルミ検査治具の設計製作

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスは、アルミの検査治具を設計製作しています。 

 

 

 

今回のアルミ検査治具は、基準面の位置合わせにSUSピンを使用。

 

指が当たらにように凹みを大きめに切削加工。

 

ワークの位置合わせや取り外しがしやすく設計致しました。

 

検査するワークのセットや取り外しが正確でスピーディーに

行えることは量産品を検査する治具の重要ポイント。

 

同サイズのカタチ違いはアルミベースを共有化。

 

違いをリカバーできるように致しました。

 

実際に使用いただき、問題点は次の治具製作時に

改善していきます。

 

検査用治具も使いやすく進化させていくことが

良品を創るコツだと考えています。

 

 

 

 

 

プラスチック樹脂・アルミ・真鍮・鉛・発泡スチロール・EVAなど

さまざまな素材を切削加工しています。

 

CNCマシニングセンタで切削加工しているところを動画撮影して

ユーチューブにアップしました。

 

ご覧下さい。

 

http://youtu.be/tLWEgKqKjj0

2020/01/15

ポリカーボネート透明切削の仕上サンプル

 

 

 東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスはポリカーボネートの透明切削加工に

特化しています。

 

ポリカーボネートの透明切削加工。

 

透明度の高さが主観であり、人それぞれで違う。

 

その仕上レベルを共通の認識にするために

仕上サンプルを製作しています。

 

 

 

4ランクで切削加工。

 

S=磨き+研磨+透明化処理

 

A=加工後を消す磨き+透明化処理

 

B=透明化処理のみ

 

C=切削加工のみ。

 

 

 

結果的にあまり変わらず、①磨き有+透明化処理と②磨き無+透明化処理

の2種類となりました。

 

 

 

違いは切削加工の刃物跡である線があるかないかです。

 

 

 

 

透明度が欲しいだけなら磨き無での透明化処理でも十分だと思います。

 

ライティングや展示モデルなど加工目のラインがNGの場合のみ

磨いています。

 

磨きがないと値段が安価でスピーディーに完成します。

 

 

 

 

お引き合いで必要ならば、この透明サンプルを提供しています。

 

ポリカ(透明)や透明アクリルの仕上レベルを決める基準と

して品質を決めています。

 

写真ではピンボケする事が多く撮影が難しいです。

 

アクリル(透明)切削加工の動画をユーチューブにアップ

しましたので、ぜひご覧下さいませ。

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

2020/01/15

東大阪試作アリスの特化した技術②ガラス入り素材の多面加工品

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

研究開発を重視した未来に向けた開発ものづくりに特化しています。

 

 

 

東大阪試作アリスは特化した技術の安定したスピードアップ化を

日々研究開発しています。

 

 

 

 

「御社しかできません。」

 

たくさんの下請け様を抱える大手メーカー様からおっしゃっていただく

技術をご紹介させていただきます。

 

自動車部品やモーター部品などに多いアンダーカットにならざるを得ない

部品の切削加工です。

 

複雑なカタチでは、6面加工や7面加工、場合によっては斜めの面に

加工があり、9面加工といったこともあります。

 

 

 

5軸のマシニングセンタでもオールマイティーとはいかずできない

難易度の高いカタチもあります。

 

多面加工でも寸法精度が甘くなることがなく、精度をクリアする

には、さまざまな加工治具を使いこなす経験と閃きによるアイデア

が必要となります。

 

 

 

 

アリスでは多面加工と呼んでいます。

 

多面加工を精度を落とさず、スピーディーにコストをかけずに行う。

 

特にPBTやPPS、ナイロンやPPなどのガラス入り素材の多面加工は、

いつも高評価で指名発注やリピートオーダーになっています。

 

もちろん5軸加工も対応しています。

 

どの切削加工の方法がもっとも早く奇麗に仕上がるのか?

 

その選択が重要になってきます。

 

 

 

アクリル(透明)切削加工の動画をユーチューブにアップ

しましので、ぜひご覧下さいませ。 

 

http://youtu.be/SrU9en6GHfY

新着情報