2020/10/18

現物の追加工をサクッと対応

 

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

現物を御支給いただいての追加工を得意としています。

 

部品や試作品を製作する時に試行錯誤して製作する加工治具

のアイデアを活かして追加工を行います。

 

 

 

 

CNCマシニングセンタや彫刻機、ボール盤やその他道具などを、

追加工用治具も含めて、最適をチョイスするので安価でスピーディー

に追加工を行います行います

 

 

 

 

現物の3Dデータが必要となる形状もあります。

 

追加工後の3Dデータがあればベストです。

 

現物データがなくても追加工できる場合も多々ございます。

 

追加工部は、スケッチでも、文章でも、現物に書いていただいても

理解できれば追加工します。

 

 

 

現物の追加工はぜひ(株)アリスにお任せ下さい。

 

2020/10/13

設計→モデリング→試作サンプル製作→部品製作まで

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

(株)アリスは、開発ものづくりのエンジニアリング会社です。

 

イメージだけのスケッチからでもご要望の部品を製作できます。

 

 

 

 

丁寧にヒアリングしながら、設計要素も含めて3Dデータを

作成していきます。

 

モデリング/プログラム/3D/2D/図面データの作成など、

それぞれの要素を得意とするCAD/CAMを使って開発ものづくり

を進めていきます。

 

 

 

 

 

現物から、デジタルデータを作成して部品を製作するリバース

エンジニアも行っています。

 

筐体設計や機構部品設計などを3Dデータで作成します。

 

機構設計も対応しています。

 

 

 

それらを試作品で検証して、変更点を3dデータに盛り込み、

データを完成させます。

 

完成した部品データを量産部品の製造に向けたの作り込みを

行います。

 

 

 

必要となる重要管理寸法図、組図なども作ります。

 

海外やお取引先で量産化するときに必要となります。

 

開発でのものづくりは、お気軽にお声かけ下さい。

2020/10/12

金属部品を単品から製作対応

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

金属加工品について。

 

アルミや真鍮、銅などの非鉄金属や、ステンレス、鉄などの

金属加工も実績豊富です。

 

 

 

 

加工方法は機械加工では旋盤やマシニングセンタでの切削加工や

板金プレス、レーザーカットやワイヤーカットなど、形状や材質、

数量や納期などを考慮して選択します。

 

 

 

 

板金プレスで金属部品を加工してから、インサートで樹脂部分を

成形する事もできます。

 

 

 

金属部品や治具の製作もお気軽にお問い合わせください。

2020/10/11

単純な仕事はしてもらえない?

 

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

よく難しい加工ばかりされているので、失礼かもしれませんが、

こんな仕事でも対応していただけますか?

 

今日も新しい会社様からのお電話でそう言われました。

 

 

 

 

ホームページでは、加工の難易度が高いものをPR用のサンプルで

製作しています。

 

どこまで可能なのか?の加工限界に挑戦した技術で製作したり、

多面加工の訓練で製作したりしたものばかりです。

 

 

 

 

もちろん、そういった難易度の高い加工技術の必要な部品加工も

たくさん行っています。

 

ですが、単純な加工の治具とか、よくある部品の製作、穴を開けるだけの

追加工なども多々行っております。

 

 

 

今日も京都から、急ぎでアルミの治具を製作して欲しいと緊急で

ご来社いただきました。

 

そのお客様の仕事は、明日の午前中には完成する簡単なものです。

 

いつものように手書きの絵+口頭での打ち合わせだったので、

データ化して確認。

 

その仕様打ち合わせの方が時間がかかるぐらい単純な治具です。

 

 

 

 

 

単純で時間が掛からないお仕事は即対応をできる限り行っています。

 

オーバーフローしていて、機械が止められない場合も多く、即対応

できない事も多々ございますが、空き時間を見つけて、できる限り

早くお届けするようにしています。

 

 

 

 

単純なお仕事でも、気軽にお請けしますので、よろしくお願いします。

 

 

 

2020/10/10

強みとなるぐらいの能力は誰でも発揮できるはず。

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

よく「能力」って言葉をよく使いますが、真の意味を調べてみました。

 

1.物事を成し遂げることのできる力。 

 

「能力を備える」「能力を発揮する」

 

goo国語辞書

 

 

 

能力=物事を成し遂げることのできる力!!

 

であれば、粘り強くあきらめずに成し遂げることが能力です。

 

能力=あきらめないこと。

 

とも言えるのではないでしょうか?

 

他人より能力が高い人は、目標の達成をあきらめない人。

 

覚悟の問題だけで、誰でも強みとなる能力は発揮できると考えています。

2020/10/09

プロとアマの違い

 

 

 

東大阪試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

プロフェッショナルとアマチュアの違い。

 

理論を理解していることや技術力があること。

 

必要な道具や設備を備えていること。

 

仕事に意識が高いこと。

 

仕事に誇りとプライドが高いこと。

 

責任感が強く、集中力が優れていること。

 

継続力があり、タフなこと。

 

そういった要素は人それぞれでプロもアマも変わりません。

 

逆にマニアレベルのアマチュアの方が凄かったりします

 

 

 

では、プロとアマの差は何でしょうか?

 

それは状況に左右されずに安定したクオリティーを

いつもキープできるのかどうか?

 

要望される品質や納期対応力を安定して満たすことが

できるのがプロフェッショナル。

 

バラつくのがアマチュアだと思います。

 

 

 

自己満足では通用しないのがプロの世界だと考えています。

2020/10/08

アクリル型でシリコン部品を製作する

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

 

 

アクリルを機械加工してアクリル型を製作。

 

 

アクリル型でシリコン部品を製作しています。

 

 

 

 

 

 

シリコンは、ナチュラル色(原色)となる乳半色と、白色と黒色が

材料としてあります。

 

それ以外の色は、材料に染料をまぜて近似色に着色できます。

 

スケルトンもできます。

 

ただし、原色が透明でないため、だいたいの近似色になってしまいます

 

 

 

 

 

 

アクリル型でのシリコン部品の製作はぜひお声下さい。

2020/10/07

オリジナルサンプルは加工技術の限界を目指す!!

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

ポリカーボネートやアクリル、POMやPPS、アルミやMCナイロン。

 

様々な素材を機械加工して、加工技術サンプルを製作しています。

 

画像は、外径Φ1.1㎜/内径Φ1.0㎜/肉厚が0.05t㎜のパイプ状の

形を板から削りました。

 

細いのが3本立っているのです。

 

ABSやPOMはまっすぐに立っています。

 

ポリカーボネートは自重でまが曲がってしまいました。

 

アクリルは2本折れました。

 

残り1本はまっすぐにまっすぐに立っています。

 

25㎜の長さで、片側が止まっているので切削加工は難しく、

高度な技術とノウハウが必要です。

 

 

 

 

上の画像の立ち壁も高さ25㎜で肉厚が0.05tmmまで詰めて

切削加工しています。

 

0.05t㎜の肉厚は、射出成形できないので実際の仕事では、ほとんど

削る事がありません。

 

展示会や技術の説明で使うオリジナルサンプルだからこその技術ですが、

常に高みを目指してサンプルで鍛錬するようにしています。

 

2020/10/06

コロナウィルスに負けずベトナム人エンジニアを採用

 

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。 

 

 

 

 

 

新しいベトナム人エンジニアを採用致しました。

 

昨日の明け方に入国。

 

羽田空港にしか入れず、夜行バスで東大阪に到着。

 

軽く挨拶に来社。

 

準備済みの寮で2週間の待機します。

 

 

 

 

 

 

 

早く即戦力の実力をつけさせて自信を持たせたいと思います。

2020/10/05

透明切削加工を強みとして!!

 
 
 
 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

東大阪切削試作アリスでは、透明切削品の製作を得意としています。
 
 
素材は、ポリカーボネート(PC)・アクリル(PMMA)、ポリメチルペンテン(PMP)、
 
ABSや塩ビ(PVC)など。
 
 
素材レベルに透明化します。
 
 
画像は自作のスピーカー。
 
 
透明アクリルとポリカーボネートで製作しました。
 
 
 
 
 
 
 
数量が数十個単位であれば注型という方法で製作する場合も
ございます。
 
今は材料も良くなり透明度が高く黄変しにくくなっています。
 
 
 
 
 
 
 
数百個の場合は射出成形で対応致します。
 
 
数量によっては試作金型を製作して安価に対応できます。
 
 
 
 
 
 
 
透明試作品、ディスプレイ、展示用モデルや流動解析モデル、
透明部品など用途はさまざまです。
 
 
 
 
 
透明部品はお気軽にお声かけ下さい。

新着情報