2019/11/09

メーカーさまの想いがこもった開発試作品を創る

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

家電、自動車、複写機、医療機器や生産機械などのさまざまな

工業製品は、日々、あたらしい価値を創るために研究・開発されています。

 

開発試作アリスのお客さまであるメーカーさまでは、開発プロセスで試作品を

製作して、デザイン検証や機能テストを繰り返してから、今できる最高スペック

新製品がリリースされていきます。

 

 

 

アリスが製作する試作品は、新製品に価値を創り出して魅力的に進化してもらう

ためのもの。

 

開発試作アリスが属する試作業界は、あたらしい魅力や価値を創る原動力。

 

これからもアリスは、メーカーエンジニアさまの想いがこもった開発試作品を忠実に

カタチにしていきます。

2019/11/08

あくまでもポリカ加工技術の頂点を目指す!

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

職人のノウハウや匠の技、最新設備、最先端の加工技術なども

重要な要素だと思いますが、開発試作業界でプロフェッショナル

として事業展開しているアリスにとっては必須能力。

 

開発試作モデルや最新の治具を設計製作していくためには、

当然の条件レベルのことなんだと思います。

 

 

 

 

当然、プラスチック樹脂やアルミ金属の素材を知り尽くす

必要もあります。

 

 

 

 

切削加工をはじめ、さまざまな加工技術にも精通することも重要。

 

そういった必須能力を磨きながら、何を目標にスタッフ全員で

熱中して取り組んでいくか? 

 

目標があってこそ、有する能力や設備が最大限に活用できます。

 

 

 

アリスでは、あくまでもポリカ加工技術の頂点を目指していく

ことが、今の早急に叶えるべき目標として研究分析しています。

 

ポリカの加工は、アリスにお任せ下さい。

 

ご期待にお応えします。

2019/11/08

開発試作アリスでの取扱データ形式

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスの取り扱いデータ形式です。

 

3Dデータ:Parasolid/STEP/IGES/STLなど。

 

最新のCAD/CAMソフト(Mastercam・VISI・Unigraphics

に、データ変換&ビューワ(3D Tascal X)を設備しています

 

2Dデータは、DXFデータでのご出図が多くなっています。

 

重要寸法管理図面は、PDFデータでいただいております。

 

上記以外のデータでも取扱可能なものが多いのでご安心下さい。

 

ご不明点は、事前にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

また紙の図面でも対応可能です。 

 

メールかFAXでご出図いただいております。

 

 

 

 

その他、現物からのデータや図面の作成も可能です。

 

現物を測定して3Dデータ化。

 

その後に2Dデータや重要管理寸法図面を作成致します。

 

ただし、形状によっては現物を切断しての測定になります。

 

それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2019/11/07

PMP(ポリメチルペンテン)TPX_新素材の切削加工品

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

透明樹脂の中で最高の耐熱・耐薬品・強度を持つと

言われているスーパーエンプラ。

 

優れた耐スチーム性や耐衝撃性を有する樹脂です。 

 

理化学実験器具や医療機器部材、食品容器や樹脂型など、

用途が広がってきています。

 

開発試作アリスでの切削加工実績も増えました。

 

 

 

切削加工は板や丸棒から削って部品を製作しますが、新素材は

材料が高額です。

 

それにサイズがほとんどなく、このTPX(PMP)も板が厚み30mm

のみしかありません。

 

 

 

 

そこで要望していた厚み10㎜が入手できることになりました。

 

まだ試作品なので厚みが10㎜±0.5~1.0㎜とバラつきがあります。

 

9㎜以下の部品であればこの材料で製作します。

 

 

 

 

画像の通り厚み30㎜よりはるかに透明度が高く、美しい。

 

開発試作アリスでも9㎜以下の部品も多く、今後はこの材料で加工します。

 

厚みが厚すぎる素材を薄く削るとソリが発生しやすく、時間もかかり、

品質も劣る可能性が高くなります。

 

PMP(TPX)の切削加工品は、高額な素材なので在庫も持つアリスにお声かけ下さい。

2019/11/07

プロフェッショナルと素人の違い

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

アリスは、開発試作のプロフェッショナルです。

 

プロと素人の違いは、たくさんの失敗から学んできてキャリアや

ノウハウがあって、その結果、プロとして成功に導く能力が

あることだと思います。

 

また、品質・価格・納期を守る事を当然としてご期待を超える

仕事を実現していく事。

 

 

 

 

それに最も重要なのは、ミスや問題発生時に解決するまで

しっかり対応できるか?です。

 

開発試作というあたらしいを創る仕事には、特に問題が発生

します。

 

 

 

意欲的な新製品であればあるだけ、成功の前に必ず失敗があります。

 

その失敗を恐れることなく、そこから学び、チャレンジを繰り返す

ことがプロフェッショナル。

 

課題や問題点を解決してきた数が大きな成功を果たすコツ。

 

真のプロは、難しい仕事に挑戦する勇気を持ち、熱く冷静に、

成功するまで粘り強く取り組んで結果を出してきた件数が違う。

 

そこが、素人との違いではないでしょうか。

 

 

 

 

切削試作でも、成形試作でも、真空注型でも、プロとして言い切れる

だけの豊富な製作実績があります。

 

難易度の高い先行開発や原理試作の仕事にも、たくさん取り組んできました。

 

開発試作のものづくりは、ぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/11/06

PBT(ポリブチレンテレフタレート)の切削加工&射出成形

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

PBTで製作する仕事が多いです。

 

オートモーティブや開発モーター、電子機器でのPBTやPBT(GF)の

使用が多いからです。


PBTの切削加工部品やインジェクション成形を行ってきたことが

開発試作アリスの強みとなっています。

2019/11/06

開発試作をトータルプロデュース

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスは、いろいろな業界のの開発試作品や治具、

小ロット多品種の部品を製作してきました。

 

たくさんの加工方法や製作方法から最適をチョイスして、開発

ものづくりをサポート致します。

 

 

 

 

開発アリスは、あたらしい製品開発のプロセスで必要となるもの

づくりで貢献しています。

 

試作モデルを切削加工や試作金型成形、真空注型、板金プレス、

レーザーなど、さまざまな製作方法で創ります。

 

アルミ金属、プラスチック樹脂、ゴム、特殊素材など、いろいろな

材質で対応しています。

 

開発試作のものづくりをトータルプロデュースするアリスの幅広い

サービスをご活用下さい。

2019/11/05

外国人採用サポートセンター☆ロゴマーク完成

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

外国人採用サポートセンターのロゴが完成しました。

 

この3色を制作いただきましたが、ハートのイメージロゴなので、

ピンクを使うことにします。

 

フォントも優しくわかりやすい文字を選択。

 

心を繋ぐお仕事を表現できたでしょうか?

 

 

 

【ヒューマンハート】

 

☆コンセプト☆

 

「スピード感」と「ハート」を意識してデザインした

抽象的なシンボルマーク。

 

ワクワク、ドキドキ感。

 

常に新鮮な気持ちをスピード感溢れるシャープなラインで表現。

 

そこから飛び出した球体は可能性であり、希望であり、

明るい未来を表しています。

 

「発見」「発展」「挑戦」「未来」をアピールしたロゴデザイン

となります。

 

明日はWEBサイトのリリース前の最終打ち合わせです。

 

 

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材に

お困りの場合は、ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/11/05

アリスの透明試作品へのこだわり

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスの得意とする透明試作品の美しさ。

 

透明切削は、工程が多く、手間もかかる。

 

またすべての工程で高い技術力が求められます。

 

だからこそ、アリスはこだわりを持って取り組んでいます。

 

透明モデルは、ミスやアラは隠せません。

 

分割や接着する場合にも高い技術が求められます。

 

短納期でも高品質に仕上がるよう、日々、

 

創意工夫をしております。

 

 

 

よどみない透明に完成したときの喜びを未来に進む力と代えて

 

これからも透明品にこだわり、技術力や人間力を磨いていく所存です。

2019/11/04

開発試作は決断のスピードが命

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

開発試作は、突発で納期が短い製作となるケースが多いので、

素早い決断ができるかどうか!が重要となります。

その都度、重要度と緊急度を考えながら製作の段取り替えをします。

 

正解がわからず迷うことも多々ありますが、何らかの判断をして進めます。

 

覚悟と責任感が求められますが、判断の遅れや先送りは致命傷になって

しまうことにもなりかねません。

 

限られた時間で頭をフル回転させながら、結論を出していく。

 

いくつかの判断ミスがあっても、臆すことなく、即ジャッジを繰り返す事で

経験が積み重なり、ミスは減ってきます。

 

これからも開発試作アリスでは、大胆な決断とチャレンジをしていきます。

新着情報