2020/11/08

成功した会社の特徴

 

 

 

東大阪試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

起業して立派な会社に成長させた経営者たちから

お話を聞く機会が多いのですが、とても面白い。

それに成功者は考え方に共通点があるように思います。

 

 

 

それは信念を徹底して貫いたこと。

何度もピンチを迎え、また倒産の危機を乗り越えて来た。

どんなに困難な状況でも自分を信じて信念を貫いたと

皆さんおっしゃいます。

本当の修羅場を経験して来た人たちは凄い。

 

 

 

どんなに厳しい道でも信念に基づいて突き進む。

成功した会社は厳しい道を乗り越えて来た強者たち。

 

 

お手本として、アリスでも製造技術で妥協せず、プロとして

お客様のものづくりに役立ち続けます。

2020/11/07

ポリカーボネート(透明)レンズで高評価をいただく!!

 

 

東大阪試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

新規の大手家電メーカーから、ポリカーボネート(透明)

レンズの試作でご依頼がありました。

 

ご要望の透明度を確認すると、

 

向こう側が見える程度にはなんとか透明にして欲しい!!」

 

との事でした。

 

 

 

 

 

切削加工で試作品を製作して納品。

 

結果は、「私たちが欲しい物が手に入り、満足しています!!」

 

という製造業の会社にとって最高の誉め言葉をいただきました。

 

 

 

 

こういったレンズや導波路はポリカーボネート(透明)材が

多く使われていますが、機械加工品が射出成形品とはまったく

違って透明度が低すぎるという場合が多いみたいです。

 

それでは機能テストができません。

 

 

明日、ご挨拶に伺う事になりました。

 

 

 

 

 

ポリカーボネート(透明)やアクリル(透明)の機械加工品の

透明度でお困りの場合はぜひおこお声かけ下さい。

 

2020/11/06

A7075やADC12といったアルミ切削加工

 

東大阪試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

A5052やADC12といったアルミの切削加工。

アリスの得意分野です。

アルミ部品やアルミ治具、アルミの試作部品を製作しています。

 

 

 

切削加工する数量の目安は、ダイカスト金型を製作するより

安価な合計金額となる数です。

またダイカスト金型を製作すると納期的に間に合わないケースも

あります。

 

 

データ作成や設計なども承っております。

勘合物があれば、勘合調整も致します。

※勘合物も同時進行で製作している場合は、データでの

勘合調整をできる限り行います

 

 

重要寸法管理データをいただければ、寸法測定をして

納品させていただきます。

 

 

 

現物からの計測してのリバースエンジニアリングも内製で対応。

 

アルミだけでなく様々な素材の部品加工も実績が豊富です。

 

アルマイトなどの表面処理も必要な場合はご指定下さい。

 

 

アルミで創る試作や部品、治具などは、お気軽にお声かけ下さい。

2020/11/05

シリコン部品の試作から部品製作まで

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

 

 

シリコン部品を製作しています。

 

試作の場合、簡単な形状であれば切削加工、複雑な形状で

あれば、アクリル型を製作して成形を行います。

 

数量が多い場合は、金型を作って射出成形で部品を製作します。

 

 

 

 

 

医療機器部品や介護用品、研究機器部品、医科学器具や食品機械部品、

電気部品、電子部品などで実績があります。

 

ガスケットやOリング、パッキンといったシーリング部品、防水用部品や

耐油や耐熱部品、キャップリングなど、幅広く使われています。

 

 

 

 

アクリル型は破損するまで部品を製作します。

 

但し、成形が手作業となりますので、100個以下が目安の数量

となります。

 

数百個以上は、射出成形がお薦めとなります。

 

 

 

 

 

 

シリコン板の打ち抜きでのカットなど簡単な作業でも

遠慮なくお声かけ下さい。

 

簡単な加工はしてくれない!!なんて事はございません。

 

シリコンの部品製薬は、試作から、お気軽にご連絡ください。

2020/11/04

ポリカーボネート(透明)のレンズカット加工

 

 

東大阪試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、真鍮などの

金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を切削加工して

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

 

透明化が難しいポリカーボネート(透明)のレンズカット試作部品。

 

CNCマシニングセンタでレンズカット部分を切削加工します。

 

 

 

 

 

機械加工したままの形状が、もっとも3Dデータに近いカタチです。

 

磨きをすればするだけ、形状がダレて変わってしまいます。

 

 

 

 

ですから、(株)アリスではできる限り磨かないで透明化します。

 

複雑で細かなレンズカット形状ほど、そのままで仕上げていく

事にしています。

 

 

 

 

 

ウインカーレンズなどの自動車部品や化粧品ケースなど、

ポリカーボネート(透明)で製作する部品の機械加工は

お気軽にお問い合わせ下さい。

2020/11/03

ご注文が多い代表的な樹脂:PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

 

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)は、耐熱性(連続使用温度260°C)

が高く、耐熱水性や耐薬品性に優れています。

 

半導体製造部品や自動車部品、医療機器などに使用されています。

 

 

 

 

 

 

部品や治具を機械加工で製作しています。

 

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の機械加工はお気軽に

お声かけ下さい。

2020/11/02

アルミで創る簡易金型のメリット

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

プラスチック樹脂で創る量産試作サンプル。

 

数量が多いので機械加工では価格も納期も合いません。

 

 

そんな場合は、試作金型を製作してインジェクション

射出成形で創る方がスピーディーかつ安価となります。

 

 

 

 

量産で使う材料で製作できるので量産を見込んでの検証もできます。

 

それが試作金型(簡易金型)の優位性です。

 

試作金型をアルミで製作するのは、加工性が優れるからです。

 

金型を安価に早く完成させることができます。

 

 

 

 

設計変更時の改造も素早く安価に対応できます。

 

モールドベースを共有してカセットタイプ式

 

試作金型(簡易金型)といっても金型構造的には量産金型と

変わりません。

 

アルミの生型という違いだけです。

 

ゲートや押し出しピンの位置や数を試したり、成形条件を

見つけておくこともできます。

 

 

 

数量が多い試作モデルの製作は、試作金型(簡易金型)での

インジェクション射出成形がお奨めです。

2020/11/01

ご注文が多い代表的な樹脂:PPS(ポリフェニレンサルファイド)

 

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

PPS(ポリフェニレンサルファイド)は、耐熱性、耐薬品性

に優れています。

 

但し、衝撃に弱く機械加工では、欠けたりすることがあります。

 

射出成形は流れもスムーズで、射出成形品は欠けも起こりにくく

問題はありません

 

 

 

 

 

用途は自動車部品や電気・電子部品・OA機器部品、家電、機械部品

などです。

 

 

 

 

 

PPS(ポリフェニレンサルファイド)の機械加工や射出成形は、

お気軽にお問い合わせ下さい。

2020/10/30

ご注文が多い代表的な樹脂:PTFE(4フッ化エチレン)

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

PTFE(4フッ化エチレン)を機械加工して部品をよく製作

しています。

 

この樹脂は、耐熱性や耐薬品性に優れているのが特徴です。

 

耐熱性は、約200~260度まで使用する事ができます。

 

 

 

 

PTFE(4フッ化エチレン)は溶かした時の粘度が高く射出成形

できません。

 

 

ですから、旋盤やマシニングセンタでの機械加工で部品は

製作されています。

2020/10/29

インサート成形や2色成形のポイント

 

 

大阪切削試作アリスではアルミ、SUS、鋼材などの金属素材や

MCナイロン、POM、ポリカ、アクリル、ABS、PBT、PPS、

TPX、PSU、ジュラトロンなどのプラスチック樹脂素材で、

試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

板金加工品や樹脂成形品を、金型にセットして射出成形する

インサート成形。

 

同じ金型内で2部品を製作する2色成形。

 

どちらもポイントは、部品の位置をキープする事です。

 

 

 

 

射出成形は数十トンの圧力で溶かした樹脂を金型内に放出します。

 

その圧力に負けないクリンプができていないと、成形圧に負けて、

金型内にセットした部品が流されてしまいます。

 

しっかりと指定位置でいてくれないとインサート成形も2色

成形も失敗します。

 

 

 

金型内で動かないよう、事前に押さえを考えてから作る事が、

インサート成形や2色成形では重要になります。

新着情報