2020/03/25

現物とリバースエンジニアリングで製作した透明ナイト

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

これが現物のナイトです。

 

3Dスキャンはレーザーポイント。

 

レーザーで点を取りながら、点群で外観を表現するデータができます。

 

測定可能サイズ=Φ300×H200

測定誤差=±10μ

 

 

 

 

3Dスキャンしたデータは点群データとして出力されます。

 

点群データをCADで使えるようにするには、ポリゴン(メッシュ)化

する必要があります。

 

その変換を弊社では、デザインXという専門ソフトを使って、自動敵に

ポリゴン(メッシュ)化して、CADで使えるようします。

 

 

 

 

そのポリゴンデータをCADで調整してカタチをつくり、CAMで

加工用データを作成。

 

そのNCデータをCNCマシニングセンタに送信してコントロール。

 

機械加工をして透明ナイトをアクリルで製作しました。

 

 

今回のリバースエンジニアリングで使用した弊社設備です。

 

■3Dスキャナ型 三次元測定機(VL0300

 

■リバース専用ソフト(Geomagic_Design_X

 

 ■3D_CAD(NX)

 

■3D_CADCAM(Mastercam)

 

高速、高精度、高効率小型切削加工機FANUC ROBODRILL)

sikakuFANUC ROBODRILL α-DiB seriesFANUC ROBODRILL α-DiB seriesC ROBODRILL α-DiB seriesFANUC ROBODRILL α-DiB seriesFANUC ROBODRILL α-DiB seriesFANUC ROBODRILL α-DiB series(標準仕様)FANUC ROBODRILL α-DiB series(標準仕FANUC ROBODRILL α-DiB series

2020/03/24

inspiration(インスピレーション)を発揮できてこそのエンジニア

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

東大阪試作アリスは、インスピレーションを発揮できる

からこそエンジニアだと考えています。

 

 

 

inspiration(インスピレーション)

 

私たち開発試作アリスが携わる開発モノづくりの世界。

 

あたらしいモノを創作するのにはインスピレーションが

とても重要。

 

ひらめく力はエンジニアとしての肝でもあります。

 

 

 

 

そういった思考力を鍛えるために暇があれば、アイデアを

活かしたサンプルを作ってもらっています

 

 

 

みなさまはどんなことをひらめきますか?

 

2020/03/23

治具をアルミやMCナイロンで創る

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

最近、ポンチ絵やなんとなくのイメージ、口頭での説明から

開発ものづくりする事が増えました。

 

素材も、コルクやEVA、ポリウレタンやコルクゴム、パロニアなど、

更に幅広くなっています。

 

もちろん通常のポリカーボネートや、アルミ、MCナイロンやPOM,

ナイロンやPTFE、ABSやアクリルなどで部品や治具を製作しています。

 

特に多くなってきたのが、アルミとMCナイロンです。

 

現物をお借りしての治具設計からスタートする事も多くなりました。

 

客先でお使いになっている治具の追加工や改造も多くなっています。

 

治具の事は、ぜひアリスにお声かけ下さい。

2020/03/22

アリスのもっとも得意な加工技術でナイトをリバースエンジニアリング

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

チェスの現物から、リバースエンジニアリング。

 

透明ナイトを製作してみます。

 

3Dスキャンデータを整えるためのモデリング。

 

3DCADデータからCAMで加工データを作成。

 

 

 

 

気品がある立派なナイトが完成するかなぁ。

 

楽しみです。

 

(株)アリスの最も得意とする切削加工なので、すぐに完成します。

 

後日お披露目します。

2020/03/21

小さなボビンをいろいろな材料で製作してみました!!

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

得意とするモーター開発試作で、どれだけ小さなボビンを

製作できるか試してみました。

 

大きさは、5.5㎜×6.0㎜×L7㎜で肉厚0.3㎜。

 

いろいろな材料で製作してみました。

 

エポキシガラス・ユニレート(PCグレード)の黒とナチュラル

・PPS(GF30)・PBT(N)など。

 

他の材料でも基本的に可能だと思います。

 

プラスチック樹脂やアルミ金属の小さな部品を製作する場合は

ぜひお声かけ下さい。

2020/03/20

ナイトでリバースエンジニアリング

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

現物から3Dスキャンして3Dデータを作成。

 

そのデータをCNC工作機械などを使って加工。

 

現物からものづくりする事をリバースエンジニアリングと言います。

 

 

気品があるナイトを3Dスキャン。

 

そのデータをモデリングして、3Dデータが完成。

 

この3DデータをCAD/CAMを使って加工データを作成しました。

 

※この画像が3Dデータを画像データにしたものです。

 

まずは、アクリル(透明)で製作してみます。

 

 

 

 

完成したらお披露目します。

 

 

 

お楽しみに。

 

2020/03/19

人は『何を(What)』ではなく『なぜ(Why)』に動かされる

 
 
 
 
 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

「人は『何を(What)』ではなく『なぜ(Why)』に動かされる」
 
 
最近よく目にするフレーズですが、確かにその通りだなと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開発試作アリスのWhyとはなんだろう?
 
 
私は、好奇心旺盛で新しい物が好きです。
 
 
そこで新しい物をクリエイトするために開発現場に役立つ
仕事をしたいと思ったことが、開発現場をメインにした理由です。
 
 
未来に役立つ製品開発に貢献する事。
 
 
開発者様たちのアイデアを形にクリエイトするために存在する会社と
して設立しました。
 
 
 
 
 
 
 
この透明のチェスも、駒を透明で製作すればどうなるんだろう?
 
 
確かめたくて、余裕がある時に現場のエンジニアに製作して
もらいましたが、なかなかオシャレにできました。
 
 
 
 
 
 
 
 
リバースエンジニアリングで、現物の卵やコップなども透明素材
で製作しました。
 
 
開発プロセスで必要となる開発ものづくりに関しましては、お気軽に
お声かけ下さい。

 

2020/03/18

凡人を極めていくこと

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

 

開発試作アリスは、平凡を極めていくことが非凡となって

いくことだと考えています。

 

 

 

 

仕事は毎日の些細な積み重ねが結果を生み出すもの。

 

一見、生産性がない雑用と思う仕事でも、真面目に心を込めて

誠実に取り組んでいるといろんなことに気づきます。

 

毎日試行錯誤しながら些細なことを繰り返して行っていると

必ず結果は出ます。

 

 

 

またいつかその頑張りに誰かが気づきます。

 

そこから信頼にも繋がっていくんだと思います。

 

すぐには結果に現れてこないかもしれませんが、

その頑張りはきっと素敵な生活環境を創っていきます。

 

 

 

 仕事では継続力が重要です。 

 

毎日仕事を研究分析して考え抜くこと。 

 

開発試作モデルの製作では特に思考力が大切です。 

 

 

 

毎日コツコツ頑張ると仕事の責任も重くなります。

 

プレッシャーも凄いでしょう。

 

でも光栄なことです。 

 

途中で投げ出さないでやり抜くこと。 

 

平凡を極めると非凡になるんだと信じて。

2020/03/17

小さなボビンのサンプルをPPS(N)で製作してみました!!

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

小さなボビンのサンプルをPPSで製作してみました。

 

約5㎜×約6㎜と小さく肉厚が0.3㎜と薄いです。

 

次はPBT(GF)やガラエポ、ユニレートで製作トライします。

 

 

 

モーター試作部品の実績が豊富です。

 

ぜひお声かけ下さい。

2020/03/16

MAKINO_FF/eye&Mastercam

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、アクリル、ポリカ、ベークなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

MAKINO_FF/eyeとMastercamというCAD/CAMを導入しています。

 

CAD/CAMソフトには力を入れています。

 

モデリングやプログラミングのスピードアップが命。

 

大幅に生産性が向上して、スピード・アップします。

 

 

 

メーカーエンジニア様から高品質&納期対応力で、よく驚きの

メールをいただきます。

 

皆様も急ぎの開発試作品や治具、部品の製作をアリスにお任せください。

新着情報