2019/11/19

東大阪試作アリス:試作品の加工実績

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

東大阪に拠点を構える、開発試作アリスの試作実績をを

加工方法で考えてみました。

 

 

 

 

プラスチック・樹脂の切削加工。

 

CNCマシニングセンタや旋盤での切削加工です。

 

アルミ、銅、真鍮、SUS,鉄など金属金属の切削加工。

 

これもCNCマシニングセンタや旋盤での切削加工となります。

 

 

 

 

ゴムは、トムソンや真空注型、造形などで製作します。

 

簡易金型を使った射出成形やプレス,真空成形や圧空成形など。

 

板金プレス。レーザー。ワイヤーカット。巻線。

 

そうそう、石膏鋳造やダイカストもありました。

 

 

 

 

新作だけでなく追加工や改造も多いです。

 

キリがないのでここらで・・・(笑)

 

 

 

 

試作の場合は1個から数万個まで対応しています。

 

加工方法は、数量や用途、カタチになどで、もっとも良い

試作方法をご提案させていただいております。

 

 

 

 

メーカーエンジニアさまが、すべてを相談できる総合試作会社として、

VE提案型の開発モデルの製作でお役に立ちたい思います。

2019/11/18

和尚が発明した着けて歩ける正座椅子_Created by Arice Inc

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

正座椅子のポスター&チラシが完成。

 

明日は京都で商談会に参加。

 

あさってはマイドーム大阪で展示会に出展。

 

中国の大連には、週末土曜日からは、火曜日まで出張します。

 

 

 

 

大連で日曜日を過ごすので、休日に大連を知ることができる

方法がないのか?

 

アテンドしてくれる中国人担当者に依頼すると大連観光ツアーを

薦められました。

 

一人なのでとても不安ですが、ツアーに参加することに。

 

なんとか土曜日に単独で大連の空港にたどり着き、次の日は観光

ツアー参加します。

 

月曜日と火曜日は工場視察。

 

夜に帰国します。

 

 

ドキドキハラハラがまた当分続きますが、なんとか合格点以上で

クリアしていきたいと思います。

 

正座椅子の動画です。

 

良かったらご覧下さいませ。

 

https://youtu.be/SIsyCgK-DzQ

 

2019/11/18

エンジニアのかゆいところに手が届くように

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスの目指すところ。

 

それは、メーカーエンジニア様のかゆいところに手が届く、

期待以上の開発ものづくりをすることです。

 

ものづくりはアリスに任せて、集中して開発の仕事に熱中してもらう

 

それが開発試作アリスの目指すところであり、使命となります。

 

 

 

 

試作品の製作は、今までにない新しい材料を扱ったり難易度の高い

加工技術が必要だったり、とても難しく繊細な仕事です。

 

わずか0,02mmの違いで、機構設計の検証ができなくなるシビアな仕事

でもあります。

 

だからこそ、開発試作アリスにオファーされるのです。 

 

とてもやりがいのある仕事です。

 

 

 

 

開発試作アリスが製作したプロトタイプが、そのまま量産

になっていきます。

 

開発ものづくりは、責任のある仕事です。

 

これからも開発試作アリスではプラスアルファーの気遣いで、

エンジニアに貢献させていただきます。

2019/11/17

宇治・門真×京都信用金庫_製造業中小企業商談会

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

明日19日(火)は、京都信用金庫の本店で商談会。

 

いろいろなイベントを開催してくれる熱い信用金庫様です。

 

 

 

 

6社と面談予定。

 

開発ものづくりや外国人と企業のマッチング事業をPRします。

 

 

 

あさってはOSAKAビジネスフェアものづくり展 +(プラス)です。

 

11月 20日(水)10:00~17:30となります。

 

こちらのメインテーマは正座椅子。

 

そのコノイスの開発に絞ってPRします。

 

 

 

 

なんとか間に合ってポスターが届きました。

 

いつものポスターと比べて巨大です。

 

きっと目立つでしょう。

 

チラシがまた未到着。

 

毎回、直前しか本気で準備しないため、ドキドキハラハラな

ギリギリになります。(笑)

 

 

 

正座椅子の動画です。
 
 
良かったらご覧下さいませ。
 
 

 

2019/11/17

お客さまが喜ぶ美しい仕上がりを実現

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

これは真空注型品です。 

 

裏側はレンズカットになっています。

 

レンズカットサンプルとして、真空注型で透明モデルを製作。

 

2年間経過して紫外線による黄変が進んできていましたので

青と赤で染色してリファインしました。

 

なかなか美しい仕上りだと思います。

 

 

開発試作アリスでは透明切削を強みとしています。

 

その切削加工技術や仕上技術が真空注型マスターでも

活かされて、美しい真空注型品ができる訳です。

 

常にお客さまが喜ぶ美しい仕上がりを目指して技術力を

磨いています。

 

美しい透明試作品の製作はアリスにぜひお声かけ下さい。

2019/11/16

ポリメチルペンテン(Polymethylpemtene)TPX_新素材の切削加工品

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

PMP(ポリメチルペンテン)TPXの厚み10㎜の試作品。

 

透明度が高く、美しい。

 

今までの30㎜とは比較できない程の透明になっています。

 

 

 

 

まだ試作品のため、厚みが9~11mm程度とバラつきます。

 

ですが、9㎜以下の厚みの部品が安価に美しくできるようになります。

 

 

 

 

滅菌処理(オートクレーブ)で一般的に行う①115℃=30分間②121℃=20分間
③126℃=15分間④134℃=10分間でも余裕をもって使用できます。

 

ポリカーボネート(PC)が有害で、医療機器や食品関係で使用できないように

なってきている今、新採用されることが多いプラスチックです。

 

食器洗浄機の部品、医療機器、基板、注射器、ビーカーなどに使用

されています。

2019/11/16

使用後に評価を高める試作・治具・部品の製作を目指す

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

お客様の受入検査でクリアするのは最低限の仕事です。

 

開発試作アリスでは、納品後に組み立てやすい勘合レベルや

その部品の用途に使い勝手が良い品質を製作しています

 

 

 

ちょうど良い勘合フィールや経年劣化をできる限り抑える工夫

などを行って試作品や治具、部品を製作。

 

納品してから、使い勝手が良かったのか?組立やすかったのか?

使ってみてのご要望などをお客様にヒアリング。

 

次は納品した製品よりも使い勝手の良いモノを追及します。

 

 

 

お電話だけでなく、メールやFAXでも構いませんので、ぜひ使って

みての評価をご遠慮なくお知らせ下さい。

2019/11/15

ポリカーボネート(PC)切削加工だけでの透明化処理

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

切削加工して透明化処理で仕上げたポリカーボネート(PC)の

透明化処理サンプルです。

 

透明切削品は、磨きに時間がかかるので高額になりがち。

 

そこで磨きなしのサンプルを製作しました。

 

 

 

 

切削加工での刃物跡(※加工目とかツール目とか呼ばれています。)は

ラインとなってはっきりわかりますが、使用用途に問題がなければ

「磨き+研磨なし」の透明化処理仕上がおススメです。

 

切削加工アップの形がもっとも精度が高く、納期的にも価格的にも

お得感満載。

 

開発試作アリスでは、透明化処理のシステムや設備が整っていますので、

1ヵ月未満の新入社員でも画像レベルで仕上げることができます。

2019/11/15

試作金型はアルミカセット式を活用

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

アルミ加工で製作した試作金型のカセット部です。

 

モールドベースをカセット装着式として共有化することで

カセット部を製作するだけでプラスチック樹脂成形を可能と

しています。

 

 

 

共有化したモールドベースを流用しますので、費用が

ーズナブルになり、納期的にも短く試作金型が完成します。

 

また試作金型は成形ショット数が少ないので耐久性がいらず、

アルミ素材で金型を作るため、費用面もお安く、切削性の良さで

納期的にも素早く完成します。

 

 

 

開発試作で必要となる量産試作サンプル専用に特化した

アルミ試作金型でプラスチック樹脂の量産に向けた試作品

を製作しませんか?

 

 

 

試作金型でのプラスチック樹脂成形で創る量産試作品サンプルは

ぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/11/14

【お客さまの声】 ☆ポリカ透明の切削試作モデル

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスの得意とするポリカ(透明)の切削試作モデル。

 

お客さまの声として、スタッフが確認した納品結果をお伝えします。

 

 

 

 

形状確認や勘合確認を目的として、筐体試作モデルを製作。

 

形状違いを蓋と本体で2セット。

 

勘合としてはキツめと普通の2パターンで試作モデルを創りました。

 

結果としては、開発部長さまの評価は外観も機能も高く社長も

納得されたとのこと。

 

今回初めてのお取引をしていただいたメーカーさまで、今後はアリスに

開発試作をお願いしたいとのお申し出をいただきました。

 

アリスは開発試作プロフェッショナルですから、メーカーさまの開発

試作で貢献できて当たり前。

 

とは言っても、何度褒められても慣れず、毎回嬉しいものです。

新着情報