2019/11/24

ポリメチルペンテン(Polymethylpemtene)TPX_の透明品

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

上の画像の向かって左側が新しいt10㎜PMP(TPX)材料です。

 

透明度が高く奇麗です。

 

真ん中と向かって右側がt30㎜素材です。

 

白っぽい感じで透明度が低く、なんとか可視化できるレベルです。

 

 

 

 

今まではポリカーボネート(PC)を使用していた哺乳瓶やプラスチック

食器などがポリメチルペンテンに代わって来ています。

 

滅菌処理や加熱消毒に強く、耐薬品性は良好。

 

耐スチーム性、耐熱水性も良好。

 

食品関係や熱水関係部品に利用しやすい。

 

それに比重が0.83と軽い。

 

 

 

 

 

もっと流通が増えれば価格的にも安価になってくるはず。

 

開発試作アリスでは、PMP/TPXの需要が増えて来ていますので

在庫も確保しています。

 

ポリメチルペンテンの試作や少量多品種の部品を製作する場合は

ぜひお気軽にお声かけ下さい。

2019/11/23

開発試作で未知の世界を切り拓く

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作でプロトタイプを製作する理由。

 

それは、今まで世の中になかった未知のものづくりを実現するため。

 

通常の試作は、ある程度の知見があり、試すために製作する事。

 

開発試作や原理試作、先行開発といった分野とは少し違います。

 

 

 

 

量産試作は、試作で決まった仕様を量産化するために製作

してみる事です。

 

製造工程や検査工程、組立工程などをチェックして、安定した

確実な量産化を行うために量産試作サンプルを使って、いろいろな

テストを行います。

 

 

 

開発試作はトライ要素が大きく、やってみなければわからないと

いった不確定要素が多々あります。

 

 

 

 

開発試作アリスは、開発試作から試作、量産試作、量産までの

開発ものづくりを行っています。

 

特に開発試作は難易度が高いのでアリスの強みとなります。

 

 

 

大手メーカー様からのお仕事をメインとしています。

 

増加してきたので、ベンチャー企業様からの「こんなものを創ってみたい」

というご依頼です。

 

研究開発や開発試作、試作や量産試作、量産部品や治具までお気軽に

お声かけ下さい。

2019/11/23

まずやってみることを企業文化する開発試作アリスの行動指針

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスは、最先端の開発ものづくりを仕事としています。

 

開発試作品は未知の世界を切り拓くために創れるもの。

 

試作品や量産試作を作るのは、量産プロセスの確立が目的。

 

特に開発試作は、難易度が高いモノもたくさんあります。

 

 

 

そこで重要なのは、まずはやってみること。

 

開発試作アリスでは、その挑戦するスタンスを企業文化として

アクションガイドを設定しています。

 

【株式会社アリスの行動指針】

 

■常に人格・技術・感性を磨き、ご期待を超える品質とサービスを実現します。

 

■「できない」理由を探さない。「どうしたらできるのか」を考えて行動します。

 

■グローバルな感覚を育み、世界の人たちと共に国際社会に貢献します。

 

 

 

 

 

最先端の開発ものづくりをしていく事で、企業としても

進化発展していきます。

 

開発試作はアリスにぜひお声かけ下さい。

2019/11/22

ポリメチルペンテン(PMP)TPXの透明化処理

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

医療関連で、PMP/TPXを切削加工して透明化する

お仕事が増えてきました。

 

滅菌処理に耐える透明化樹脂がPMP/TPXなります。

 

滅菌処理(121℃×20分間)で切削加工品をテストして

もらいました。

 

 

 

1,000回繰り返した物はかなり黄変していますが、透明度は落ちず。

 

顕微鏡で目視する仕事にも使えるとの事。

 

但し、複雑で切削加工の時間が長い物は、数回のオートクレープで

白く濁ってきます。

 

 

 

 

ポリカーボネート(PC)の透明化技術の確立には2年間かかりました。

 

季節や天候などでも変わってしまって、透明化を1年中できるように

安定化するまでは、さまざまな問題や課題が発生しました。

 

今はPMP/TPXの切削加工品で透明処理化を安定させるべく

研究しています。

 

※射出成形は素材レベルの透明化できます。

 

PMP/TPXの試作や製品製造は、お気軽にお問い合わせ下さい。

2019/11/22

新たな挑戦に応える開発試作アリスのビジョン

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスのビジョン(将来の構想)をご紹介します。

 

 

 

 

 

会社が向かっている未来の居場所。

 

その目標地点である「ビジョン」が決まっていなければ、向かうべき

理想がないので進みようがありません。

 

誰もがわかるような、シンプルかつ具体的なビジョンを設定できるか?

 

それが、会社組織構築の重要なカギ。

 

 

 

お客様の新たな挑戦に応えるプロフェッショナルで在り続けます。

 

これが開発試作アリスのビジョンです。

 

株式会社アリスが向かう理想の未来を明文化したものです。

 

開発ものづくりに特化しているので、メーカーエンジニア様の

創る未来の製品開発でプロタイプを創る事が使命です。

 

また未来の商品を生産する時に必要な治具や設備部品を製作

する事も含まれます。

 

生産量が増えるまでの少量多品種になる製品部品の製作も

たくさんの実績があります。

 

 

 

ブレることなく理想の未来を実現する会社で在り続けます。

 

今後とも開発ものづくりのアリスをご愛顧の程よろしくお願い致します。

 

 

 

 

ビジョン/ヴィジョン (Vision)=将来のある時点でどのような 発展を遂げていたか、

                    成長していたいかなどの構想や未来像。

                    またそれらを文章などで 描いたもの。           

 

 

2019/11/21

オートモーティブ試作モーターに強みあり

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

インシュレーター/ボビンのサンプルをポリカーボネート(PC)で

製作してみました。

 

(磨き+研磨)&透明化処理は新人研修で行ったのでイマイチです。

 

 

 

主に自動車関連や家電の開発モーター試作に実績が豊富です。

 

Φ30㎜ぐらいからΦ300㎜程度のサイズで試作対応してきました。

 

電磁コア試作や巻き線も製作実績が豊富です。

 

素材は、PBT(GF)やPPS(GF)といったガラス繊維入りの

プラスチック素材で製作してきました。

 

 

 

オートモーティブや家電の開発モーター試作はお気軽にお声

かけ下さい。

2019/11/21

開発エンジニア様が素晴らしいモノを開発するために

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスのミッションは、メーカー開発者さまのアイデアを
忠実にカタチにすること。
 
未来を豊かにする新製品開発でのものづくりです。
 
進化していくモノを実現していくための試作品を製作すること。
 
 
エンジニアさまの開発で必要となる試作サンプルや治具、部品
などを製作します。
 
 
 
 
 
 
開発ものづくりには、特殊技能を有する開発試作に特化
した職人要素の強い開発試作に特化した会社が必要です。
 
 
 
開発者さまの狙い通りの寸法公差やカタチを忠実に再現する
開発ものづくりを追求しています。
 
 
 
メーカーエンジニアさまが、安心して素晴らしいモノを開発
することに集中できるようにものを創る。
 
 
 
それが、アリスの存在意義であり、ミッションです。
 
 
 
今後も、開発ものづくりに特化した会社として、エンジニア
さまに貢献していく所存でございます。

2019/11/20

アクリルの透明切削加工+透明化処理

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

アクリルは、ポリカーボネート(PC)とは違う透明化処理の

工程となります。
 

TPX(PMP)もまた透明化処理の方法が違います。


素材ごとに違う工法や道具で行わないと高透明にはできません。

 

 

 

透明アクリルの切削加工品は開発試作アリスにぜひお声かけ願います。

2019/11/20

ポリメチルペンテン(PMP)TPXのご紹介

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

いつもお世話になっております。

アリスの宮本です。

 

耐熱性と耐薬品性に優れた透明切削材料:ポリメチルペンテン(PMP)のご紹介です。

ポリメチルペンテンの特徴です。

―――――――――――――――――――――

【耐熱性(融点)】

240℃。

ポリプロピレン(PP)よりも高温下での使用が可能です。

【耐スチーム性】

沸騰水中でも加水分解しないため、スチーム滅菌用途で使用できます。

【優れた耐薬品性】

一部の有機溶剤を除き、酸、アルカリに高い耐性を示します。

【優れた電気特性】

PTFE並みの低誘電特性を有しています。

【食品用途向け規格適合】

食品衛生法・FDA規制・PIM規格に適合した材料で構成。

理化学実験器具や食品容器、医療機器部材などに使われています。

―――――――――――――――――――――

 

 

軽くて透明です。

 

少しずつ試作が増えています。

 

ぜひご検討下さい。

 

以上、よろしくお願い申し上げます。

2019/11/19

開発試作アリスの得意とする技術

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

開発試作アリスの得意とする技術。

 

れは、精密切削加工技術&仕上げの技術です。

 

その技術力の高さをわかりやすく表すのが、ポリカーボネートや

アクリル、PMPやTPXなどの透明切削加工品です。

 

 

 

 

透明度の高い透明素材の切削加工品を製作することは難しい

 

 

 

 

 

透明切削加工品を透明化する「クリアティブ・スキル」を

確立しています。

 

 

 

 

精密に加工する機械加工技術&透明化処理技術。

 

それぞれの作業工程を確実にこなして初めて実現できる高透明部品。

 

その透明切削技術をPPSやPBT、POMやPP、アルミやPBT、

ピークなど、いろいろな素材に活かして高精度な部品製作を行っています。

新着情報