2020/01/25

OTEX(おかやまテクノロジー展2020)見学

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

昨日は、OTEX(おかやまテクノロジー展2020)という展示会に

行って来ました。

 

岡山の素晴らしい企業が多く展示されていました。

 

1社でも多く縁を繋げたいと思います。

 

 

 

地方は都会に若い人が就職していくので、人手不足が深刻になりました。

 

そこで地元愛を育てる環境づくりや地域独自の魅力を磨いてこられた。

 

岡山も魅力満点。

 

 

 

 

展示会では地元の高校生や大学生がたくさん見学に来ていました。

 

過疎化が進んだ地方の努力が実を結びつつあるんだなと感じました。

 

大都会よりも地方の活性化が未来を良くしていく事になると思います。

 

 

 

 

お客様の多種多様化でいろいろな素材を様々な加工技術で

開発ものづくりしています。

 

岡山にもお客様や外注先様があります。

 

内製&外注先/仕入先様のそれぞれ特化した技術を組み

合わせて、幅広い業界の お客様に貢献しています。

 

今後も開発ものづくりのプロフェッショナルとして

役立つ会社で在り続けたいと思います。

 

2020/01/07

外国人採用サポートセンター☆開発試作アリスのベトナム人エンジニア

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

ベトナムから来たグローバル人財であるエンジニアのお誕生日でした。

 

(株)アリスでは、スタッフのお誕生日はケーキでお祝いしています。

 

弊社の場合、エンジニアはCAD/CAMをプログラミング、CNCマシニング

センタをオペレートして開発ものづくりを行ってもらっています。

 

 

 

 

 

エンジニアは大学で基礎知識を学んでいますので、図面を読め、

即戦力に近い能力を有しています。

 

言葉は、来日当初は、ほぼ話ができませんでした。

 

ベトナムで日本語を学んで来ていますが、日本の英語教育と

同じく、あくまで勉強のため、実際には話せません。

 

ですが、日本人とコミュニケーションすることで、アッと

言う間にどんどん上達していきます。

 

彼の場合、入国してまだ1ヶ月目程度ですが、今では

理解できることも増えてきました。

 

 

 

 

仕事は、機械オペレートやバリ取り、仕上げ、検査などを指導

しながら行っているところです。 

 

製造業など様々な業界で人材にお困りの場合は、ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

 

URL:http://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2020/01/01

ステージアップした今に合った心を育む

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

2018年&2019年の2年間。

 

いろいろな出来事に自信を失ってしまい臆病になって

いたよう思います。

 

 

 

臆病風に吹かれ出すと、「挑戦」を実現するための勇気ある行動が

できなくなる。

 

決めてもすぐにブレる。

 

弱気なので、他人にコントロールされてしまいます。

 

 

 

そんな時期に選ぶ人はハズレが多い。

 

何も有意義な成果が残せず、負の遺産も背負ってしまいます。

 

利用してくる人の共通点は、自己中で無責任、他人事なので失敗も

平気で放置できます。

 

今では自信も取り戻し、見抜けるようになりましたのでおつきあいは

やめました。

 

どんなピンチも乗り越えられるという何の根拠もない確信が蘇りました。

 

 

同時に、ちっぽけで凡人である自分の弱さや競争社会の怖さも

忘れていません。

 

強さと弱さをバランスよく調和させていく事で謙虚さや感謝を

忘れないようにできる。

 

2020年を再スタートの年として初心に戻り理想を実現して

いきたいと思います。

2019/12/15

新しい社会保険労務士法人と顧問契約を結ぶ

 

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

今の社労士事務所との顧問契約が年内で満了。

 

新年から顧問していただく社労士事務所を決定。

 

個人事務所では不具合が多いため、2年ぶりで法人を選択しました。

 

 

 

 

一番の決め手は、アリスを理解しようとしていた事。

 

士業は、それぞれの企業に寄り添いサポートしてくれるのが使命。

 

経営経験もないのに勘違いしてコンサルみたいになったり、

社長や担当者だけにしか興味を示さない。

 

そんな人は会社を成長させるサポートができません。

 

 

 

 

新しい社労士様は、ご来社時にまず現場を見学。

 

スタッフに声をかけました。

 

まずは現場を知ること。

 

その通りです。

 

また話をしていても、ちゃんと聴くべき時は聞いてくれ、

意見を言うべき時ははっきりと言ってくれました。

 

それに士業の使命も十分理解されています。

 

ステージが変わると自然と問題が起こり、取捨選択をせざる

得なくなります。

 

縁とは不思議なものです。

2019/12/06

外国人採用サポートセンター☆開発試作アリスの新入社員

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

今月、ベトナムから来日してアリスに入社したエンジニアの2人。

 

今回は面接から入社まで約4.5ヶ月間となりました。

 

面接して採用を決め、申請書類や必要書類を揃えるのに約1ヶ月間。

 

行政書士での手続きが約2週間。

 

入管に申請して許可が下りるまでに約2.5ヶ月間。

 

べトナムでの出国申請に約2週間。

 

アリスは入国手続きを何度も行っているので入管での追加書類などは

ありませんでした。

 

外国人雇用が初めての場合は5~6ヶ月間になる場合が多いです。

 

日本語レベルには差があって、若い子はN3を取得。

 

日常会話がスムーズにできます。

 

もう一人はN5程度。

 

勉強する期間が短いので、N4まではいけないのが普通。

 

半年でN4に達すれば良い感じです。

 

N4であればまずまず会話はスムーズ。

 

N5は理解力がイマイチなので会話に少し時間がかかります。

 

入国後も勉強を続けていますので、語学はどんどん進歩してきます。

 

特に私は方言がきついので、わかりにくいようではありますが。(笑)

 

製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、

ぜひお気軽にご連絡願います。

 

 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを

ご紹介します!

 

お気軽にお問合せ下さい。


「外国人採用サポートセンター」

 

許可番号:27-ユ-302440


TEL:072-964-2100

 

E-mail:info@arice-world0917.jp

 

https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

 

2019/11/26

今の不確実な時代にこそ未来を創る

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

リーマンショック以降、ものづくりの業界も企業の優劣がはっきり

してきたように感じています。

 

儲けている会社と厳しくなってきている会社が、はっきりと2極化。

 

開発ものづくり業界でも2極化してきているように噂で聞きます

 

 

 

どこが違うのか?

 

戦略をしっかり立案して実行してきた会社が、やはり

強いように思います。

 

またアグレッシブに営業活動している会社も強いです。

 

売上重視の会社では、海外での製作で利益を上げていらっしゃる様子。

 

利益重視の会社では、素晴らしい加工技術を強みとして、オンリーワン

戦略で利益向上している様子です。

 

 

 

開発試作アリスも、今の不確実な時代にこそ活きる戦略を実践して

未来を想い描いた通りに創っていきたいと思います。

2019/11/26

開発試作の専門職としての基礎的スタンス

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

開発試作アリスのお仕事は専門職です。

 

その基礎的スタンスです。

 

 

 

 

①「どうしましょうか?」はNG。  

 

 自分の意見を持ち、「こうしてはどうでしょう?」と相談

 するようにしています。

 

②「出来ません!」はNGです。

 

 条件付きでも実現できる方法を考えてお客様に確認する

 ようにしています。

 

③自信過剰で慢心しないように要注意。

 

 仕事には謙虚さが重要だと考えています。

 

 謙虚さがないと、そこが限界になります。

 

④仕事の面白さを見つける。

 

 常に一生懸命に取り組んでいると、楽しくなってきませんか?

 

⑤自己管理能力の獲得。 

 

 自立性を確保する。

 

 特に時間管理は、自分との戦い。

 

 タイムマネージメントができてこそ自立性が確立できます。

 

 

 

 

開発試作アリスは開発ものづくりの専門職です。

 

重要なのは、情熱&責任感とあきらめない心。

 

これからも開発試作アリスは開発ものづくりのエンジニアという

専門職であり続けたいと思います。

2019/11/25

ポリメチルペンテン(Polymethylpemtene)TPXの高透明度素材

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

PMP(ポリメチルペンテン)TPXの厚み10㎜板が高透明です

 

まだ試作品のため厚みのバラつきが±0.5~1.0mmと大きいので

確実なのは厚み9㎜以下で使用できます。

 

厚み9㎜以下の切削加工品で透明度が必要な場合は、ぜひお声かけ下さい。

 

今までの厚み30㎜から切削加工した部品よりは、かなり高透明で製作できます。

 

PMP(ポリメチルペンテン)TPXの切削加工部品はぜひアリスにお声かけ下さい。

2019/11/25

NCマシニングセンタのオペレーターとは?

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

 

CNCマシニングセンタ。

 

コンピューター数字制御なのでCAD/CAMでプログラミング

して動かします。

 

ですが、CAD/CAMプログラムした加工データだけでは動きません。

 

 

 

 

切削加工前に行う段取りの仕事があります。

 

まずは、材料と刃物をセットします。

 

その時に簡単な加工はマシニングセンタの操作パネルで行います。

 

 

 

切削加工が完了した時も取り外しがあります。

 

それがマシンオペレートと呼ばれる仕事です。

 

早い人で2ヵ月程度。

 

遅くても3ヵ月間程度で基本作業は、マスターできます。

 

 

 

 

操作レベルは、3日間みっちりすれば覚えられます。

 

男女問わず、できる仕事です。

 

OJT(On the Job Training)オン・ザ・ジョブ・トレーニングで

理解できるようになります

 

 

 

 

未経験であれば、何事も最初は難しく感じます。

 

そこを乗り越えないとマスターできません

 

真剣に取り組めば誰でもできる仕事です。

 

 

 

モノを創る技術者が増えていくように頑張りたいと思います

2019/11/24

テクニックやノウハウの情報が溢れるなかで

 

 

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、鉄、ステンレス、

真鍮などの金属素材やPPS、PBT、ポリカなどの樹脂素材を

切削加工して試作品、治具、部品を製作しています。

 

 

 

WEBが世界を変えました。

 

もう「井の中の蛙」は存在を許されなくなってしまった時代。

 

開発ものづくりを創る業界も同じこと。

 

テクニックやノウハウと言われてきたものづくりの技術が、

どこにでもある情報としてWEBの世界に溢れています。

 

 

 

 

ヘッドハンティングや転職が当たり前の時代。

 

日々、確立してきた加工技術や加工方法は残念ながらすぐに流出。

 

もう物理的なテクニックやノウハウはオリジナルとして成り立たちません

 

 

 

 

これからは、働いている人たちの熟練された技や思考力、企業の

カラーといった人柄に魅力を感じたファンを増やしていけるか。

 

培ってきたテクニックやノウハウは重要ですが、その会社だから

こその人間力をどれだけプラスアルファーできるのかが勝負の

分かれ目になるのではないかと考えています。

 

 

 

開発試作アリスは、スタッフと人間力で魅力アップしていきたいと思います。


新着情報